元保育士ママちいたか先生の子育てがちょっとラクになる話

子育てが楽しくラクになるヒントを紹介しています。

子どもと一緒に!将棋デビューはアプリで!

私が勤めていた園の年長さんのクラスでは、将棋の先生が教えてくれる将棋教室を年に3回ほどやっていました!

これを機に園では、将棋にどハマりする年長さん男子が続出しました!

それなのに、私は将棋のルールをあまりよく知らなくて相手をしてあげることもできず・・・

それだけに、いつか将棋ができるようになりたいと思っていました。

我が子が興味を持ち始めたのを機に、将棋アプリで自習していたところ、子どもや夫も興味津々。今では家族のちょっとした娯楽になっています!

そこで今回は、我が家の将棋デビューまでの道のりを紹介します!

コドモエに将棋セットの付録が!

私がよく購入している育児雑誌コドモエにたまたま将棋セットがついていたんです!

さすがにまだ年少の娘には早いかと思いましたが、とりあえず組み立てることに!

ただ、並べて動かすだけの将棋ごっこをするようになりました。



半年後、娘が興味を持つ!

そんな将棋ごっこブームが過ぎ去った半年後、再び娘が将棋ごっこをするようになりました。

それを見ていて、改めて将棋ができるようになりたいと思い始めた私。

でも、教えてくれる人がいないとなかなか…と思っていました。

夫にお願いしてみたけど、子育ての合間になかなかそんな時間もとれませんでした・・・

私が将棋アプリを始める!

ですがこのご時世、スマホのアプリならいいものがあるのではないかと思って!

そこで、こちらのアプリを使うようになりました!



夜な夜な説明を読んだり、コンピューターを相手に実践してみたり。

普段はゲームはしない私も見事に将棋にハマってしまいました。

娘が適当に遊び始める!

そんなある日、娘が私のスマホからアプリを発見!さっそく一緒にコンピューターを相手にやってみることに!

といっても、動かし方はとっても簡単。

駒を動かせる場所が赤丸で表示されるので、そこから動かす場所を選んで押すだけ。

また、相手の陣地に入ると駒をひっくり返して、動かし方が変わる=「成る」というルールがあるのですが、
こんな風に「成りますか?」とこちらに尋ねてくれます。

これは適当に動かしているうちに駒の動かし方を覚えられそうだなぁと!現に私も覚えつつあります。


夫が「貸してみろ!」と加わる!

あるとき娘と一緒にしていると、それを夫が覗き込んできました。

負けそうになっている我が子を見ていてもたってもいられず、「ちょっと貸してみろ!」と。

そこからは見事な挽回で、最終的には勝っていました笑

将棋盤を買おうという話になる!

ちょっと将棋が楽しくなってきた夫がこのように言ってました!

でも、下の子が見つけたらぐちゃぐちゃにしてしまうから、今はまだアプリの方がいいかも!

下の子も一緒にできるようになったら、将棋盤を買うのもいいなぁと考えているところです。

頭が良くなる?

将棋をすると、論理的思考や先読みする力が身につくと言われています。
だからこそ、幼稚園でも取り入れられているんですね。育児雑誌の付録にもなるわけです。

特に最近では、藤井聡太七段の活躍で将棋を始める子どもも増えてきているみたいですよ!

私も今後、子どもに教えてあげたり、一緒にしたりできるといいなぁと思っています!