元保育士ママちいたか先生の子育てがちょっとラクになる話

子育てが楽しくラクになるヒントを紹介しています。

妊娠中の花粉症に!喉の痛み対策


妊娠中の花粉症。私も2回ほど経験しています。
妊娠中の花粉症は薬に頼れないだけに、本当に辛いですよね?

特に私の場合は、花粉症による鼻づまりで口呼吸になってしまい、そこから喉を痛めることが多くて、上手く対処できないと高熱が出ることもあります。

そこまで悪化してしまって、さらに薬に頼れないとなると本当に大変!そうなる前に私が気をつけてきたことを紹介します。

マスクをする!

外出時に口や鼻からの花粉の侵入を防ぐのが定番の方法ではありますが、

私の場合は寝るときに口呼吸になって喉を痛めるのを防ぐために使っています。

私と同じように、朝起きたら喉が痛いという方にはこの方法はいいかもしれません。

普通のマスクでもいいのですが、のどの乾燥が気になるときには加湿してくれるマスクもいいですね!




加湿する!

空気の乾燥も喉を痛めてしまう原因のひとつ。
加湿器を使うのもいいですが、濡れたタオルや洗濯物を室内に干すだけでも加湿になります。

我が家では加湿空気清浄機を愛用中。
こちらはまさに妊娠中の花粉症がつらくて購入したものです。

玄関にシャープのものを、リビングにはダイキンのものを置いています。

フィルター掃除をしている夫曰く、
値段は高いけどダイキンの空気清浄機はフィルターもよく汚れているのだとか!
それだけきれいにしてくれているということですね!

のどの痛みの原因が乾燥でも花粉でも、加湿空気清浄機ならしっかり対策してくれる優れものです。

うがい薬は成分に注意!

外から帰ってきたときはもちろんのこと、喉の調子が悪いときはうがいをするようにしています。

うがい薬も効果的ではありますが、妊娠中には使えないものもありますので、ご注意を!

イソジンやのどぬーるに代表されるポビドンヨードが配合されているものはNGです。
でも、アズレンは妊娠中でも大丈夫とのこと!
安全性|浅田飴AZうがい薬|お客様相談室【株式会社浅田飴】
リンク内に妊娠中は飲み込まないように使用するよう明記されています。その商品がこちら!


このような有効成分に注意するのはもちろんですが、何事もよくわからないときには自己判断せずに、医師や薬剤師に相談するのが1番かと。

私も妊娠中はよくお薬の相談をしていましたよ!

妊婦さんでも使える安全なお薬を処方してくれるので、こちらも安心して服用することができました。

喉スプレーも成分に注意!

以前お世話になっていた耳鼻咽喉科ではよく喉が痛いときに喉に直接消毒薬を塗布してくれていました。

それが私にはよく効いていたんです。

なんの薬なのかはよくわからなかったのですが、
それが喉に塗るタイプの消毒薬やスプレータイプのものなど、のどに直接塗布するタイプのものを試してみるキッカケにはなりました。

喉スプレーのおかげなのか、症状が落ち着いて熱が出るまでに至らなかったことも多いのでいつも頼りにしています。

喉のダメージが大きいほど染みる感覚はありますが、そこはグッと堪えてます。

ただ、喉スプレーもうがい薬と同様に

ポビドンヨードが配合されているものはNGで、
アズレン系はOKというように妊娠中の使用には注意が必要です。

安全性|浅田飴AZのどスプレーS|お客様相談室【株式会社浅田飴】


また、最近話題のプロポリス系も臨床例が少ないため、妊娠中はNGとのこと!

うがい薬と同様、気になる場合は医師に相談してみてくださいね!

はちみつのお湯割りでおいしくケア!

「え?プロポリスはNGなのに?」なんて思いませんでしたか?
プロポリスというのは、ハチの巣を守る抗菌成分のことで、はちみつとは違うものなのだとか!

なので、妊娠中のはちみつの摂取は大丈夫とのことです!

のどが痛い時にはちみつをお湯で割ってのむと、少し痛みが和らぐような気がします。


鼻づまり対策で口呼吸を防ぐ!

私が妊娠中のときは喉の痛み以前に、花粉症による鼻づまりが本当にひどくて。

鼻が詰まると鼻呼吸ができずに口呼吸になりがち。そのせいで喉を痛めてしまうこともあります。

最後に、私がしてきた妊娠中の鼻づまりの対策についてはこちらにまとめていますので、あわせてご覧くださいね!
www.kosodate-raku.com