元保育士ママちいたか先生の子育てがちょっとラクになる話

子育てが楽しくラクになるヒントを紹介しています。

子ども2人をお風呂に入れるコツ!

シャンプーしたり体を洗ったり、拭いたり着替えさせたり・・・

子どもの人数が増えてくるにつれて、バスタイムは寛ぎの時間から重労働になってきますよね?

しかも毎日のことですから、大人も子どももしんどい日だってあります。

特に我が家の場合は、夫が夜勤や残業でいないことも多いので、それに合わせていると生活が不規則になりがち。
だからこそ、基本的には私がひとりで入れるようにしています。

それだけに、我が家の2歳差姉弟の入浴は毎日ドタバタ大忙がしです。

そんな我が家が、今までお風呂の時間を乗り切ってきた方法をパターン別に紹介します!

下の子が赤ちゃんの時期

私自身は夫と分担してやることが多かったですが、ひとりでやるにしても、
赤ちゃんは時間のあるときに沐浴するというスタンスがラクでした。

赤ちゃんは入浴時間は決めなかった!

赤ちゃんの方はあまり入浴時間にこだわらず、夫が家にいるときに入れるようにしていました。

方法は沐浴だったり湯船にだったりその時々でラクな方を選んでました。

私は上の子と2人で!

当時2歳の上の子はというと、生活リズムを整えるためにも、毎日夕食後に入れていました。

たまたまこの時間に下の子が寝ていることが多かったので、
私も上の子と一緒に入って、上の子と2人きりの貴重な時間を満喫していました。

たまにはひとりでのんびり入浴!

ただ、下の子が起きていて機嫌の悪いときなどは、
私は上の子と一緒には入らずに、上の子をシャワーで洗ってあげつつ、時々下の子の様子を見に行くようにしていました。

こんな風に、上の子と一緒に入れない日には、
子どもが寝静まった後だったり、翌朝だったりと私は時間を見つけてひとりで入っていました。

ひとりだと浴室が広く、そして静かに感じられます。ゆっくり入れるので、リフレッシュできる貴重な時間でもありました。




下の子の沐浴が難しくなってきた時期

この頃からは、毎日の入浴が流れ作業のようになってきました!
今になって振り返ると、一番大変な時期だったように感じています。

下の子は夫が担当

この頃は夫が入浴するときに、下の子の入浴も一緒にお願いしていました。

毎日こうしてもらえるとラクだったのですが、夫の入浴時間が下の子の睡眠時間と重なることが結構多くて・・・

私が2人とも入れるときは以下のように対応していました。

ひとりで入れるときは流れ作業で!

  1. まずは私が先に入る。
  2. 下の子を入れる。
  3. 私と息子は着替える。
  4. 上の子を湯船へ。下の子はミルク。
  5. 上の子をシャワーで洗う。
  6. 上の子が着替え終わったら完了。

姉の弟の順番が入れ替わることもありましたが、だいたいいつもこんな感じでした。

まず、下の子は抱っこして湯船に入れていたので、私と一緒に入るしかありません。

なので、上の子とは一緒に入らずにシャワーで洗ってあげることが増えてきました。
下の子が機嫌がよかったり、眠ったりしているときには、私も上の子と一緒にのんびり入るようにしていました。

子どもたちの待機方法

わたしが入浴している間は、上の子はリビングでテレビを見て待機していました。終わったら浴室にきてくれるので、そのまま入浴させていました。
下の子はというと、脱衣所でバンボに座っていたり、ベビーバスに分厚い布を敷いてその中で待機していたり・・・

バスチェアーも考えましたが、結局購入にはいたりませんでした。ベビーバスを代用することでなんとか乗り切りました。





下の子がひとりで湯船に入れるようになった時期

つかまり立ちが安定してきたころから、湯船にはひとりで入れるようになりました。まだまだ目は離せませんが、両手がふさがるようなことはなくなり、少しだけ余裕が出てきました。

夫が浴室担当。私が脱衣所担当。

この役割分担が一番早くてラクな気がしていて、今でも同じような流れで入浴しています。

  1. 夫が自分のことを終わらせる!
  2. 下の子を洗って湯船へ!
  3. 上の子を洗って湯船へ!
  4. ひとりずつ脱衣所へ!私と一緒に着替える。

私ひとりのときはひとり二役

夫がいないときは私が上のような流れで、ひとり二役をこなしていました。

3番で2人を湯船に浸からせたら、私は先に上がって着替えてから子どもたちを脱衣所で迎え入れて着替えさせるようにしていました!




上の子が自分で体を洗えるようになった時期

上の子がひとりで体を洗うようになったので、今は3人で同じタイミングで入れるようになりました。

順番に湯船から上がって、シャンプーをしたり、体を洗ったりしています。

みんなが洗い終わってから、お風呂のおもちゃで遊ぶというルールにしたところ、
遊んでばかりでなかなか洗い場に来ないということが減って、スムーズに洗い終わるようになりました。

そのあと子どもたちがおもちゃで遊んでいる間に、
私は子どもたちが見える場所で着替えたりドライヤーをかけたり、家事をしたりして過ごしています。

で、子どもたちには好きなタイミングで片付けて上がってきてもらっています。

上の子はひとりで着替えられるので、下の子を着替えさせたら入浴完了です!




成長に合わせて方法を見直そう!

私の場合は2人同時進行は難しかったので、
それぞれの成長に合わせてひとりずつ対応するようにしたところ、しっくりくる方法が見つかりました!

こんな風にいろいろ試していると、その時々でもっとラクな方法が見つかるはず!

ご家庭で取り入れられそうな方法があれば、ぜひやってみてくださいね!


最後に、きょうだいの寝かしつけはこうしています!
www.kosodate-raku.com

お困りでしたら、併せてご覧くださいね!