元保育士ママちいたか先生の子育てがちょっとラクになる話

子育てが楽しくラクになるヒントを紹介しています。

子どもが泣き止まない!病院に行く前に試していること!

 

 

性格的に何をやっても泣き止まない子なのであればともかくとして、普段はすぐに泣き止む子がひたすら泣き続けているとなんだか心配になってしまいますよね?

我が家の場合は4歳の娘が前者、2歳の息子が後者に当たります。以前、息子が珍しく泣き止まないので心配になり、かかりつけの小児科に連れて行って、そこから総合病院に行くことになって、結局便秘だったなんていうこともありました。

f:id:chiitakachiitaka:20190123093707j:image

それ以来、息子が泣き止まないときはおそらく便秘だろうなぁという判断がつくようになったので、あの手この手で泣き止ませるように働きかけています。

そこで今回は、子どもが泣き止まないときに試していることを紹介します。

 

いつもどおりのあやし方を試してみる。

まずは抱っこをして揺らしてみたり、立ってみたり、歩いてみたり・・・いつもどおりのあやし方を試してみます。

これ以外にもそれぞれのご家庭でいつもやっているあやし方があるはず。それを試してみてくださいね!

これでいつものように泣き止まないのであれば、何かがいつもと違うのだろうということで原因を探してみます。

痛そうなところがないかチェック!

泣いているときは大抵汗だくなので着替えさせつつ、全身をチェックします。

けがや湿疹がないかとか、おむつかぶれは大丈夫かとか・・・

ひじの関節が外れた時はひじから下がだらんと下がっていましたし、便秘の時はいつもよりお腹が張ってるかなぁといった感じでした。

 

www.kosodate-raku.com

 

こんな感じでいつもと違うところがないかをチェックしていきます。

水分がとれるかどうか確認。

うちの子の場合はフォローアップミルクですが、とにかく本人が飲んでくれそうなものを用意すればいいかと思われます。

飲まなければ脱水が心配なので、より注意して様子を見るようにしています。

うちの子の場合はおなかの調子が悪い時は飲みが悪いですね・・・

散歩で気を紛らわせる。

抱っこして近所をフラフラ散歩すると泣き止むことも!落ち着いたかと思って帰宅するとまた泣き出すという・・・ただ少しの間泣き声から解放されると大人も考えがまとまりやすいですよね?親子ともに環境を変えてクールダウンさせるといいですよ!

ただ、余計に泣き叫ぶときは、近所迷惑なだけなので即帰宅します。

ベビーマッサージをする。

以前、習っていたベビーマッサージをすると泣き止んでそのまま寝てくれたことがありました。お腹の中にたまっていたガスがうまいこと出てくれたのかな?という印象でした。それ以来、泣き止まないときは試してみています。

 

www.kosodate-raku.com

 

好きな動画を見せる!

うちの子の場合は機関車トーマスです。ただ、一時的に泣き止んでくれても、再生が終わったらまた泣き出すことも!とはいえ、ずっと泣き続けているのを聞いていると、こちらも冷静な判断をすることが難しいので、落ち着いて考える時間をもらうつもりで動画を利用するといいですよ!

子ども用のアプリを使ってみる!

こんな時だけ登場するスマホアプリ。今は4歳の娘がメインで使っているひらがなのアプリを使っています。

 先日はこれで泣き止んでくれてとても助かりました。

 

寝かしつけてみる!

いつもはご機嫌で寝つきのいい子でも、あまりにも眠たいと手をつけられなくなることも!今日の昼間がまさにこれで、1年ぶりくらいに私の抱っこで眠ってくれました。

www.kosodate-raku.com

 

そんなに眠たいなら寝ればいいじゃん!なんて思うのですが、子どもにはなかなか難しいみたい。こんな風に普段は寝つきがいい子でも、あえて寝かしつけをしてみると落ち着いてくれるかもしれません。

お腹のハリには整腸剤を使ってみる!

うちの子の場合は大抵便秘やガスだまりが原因のようなので、下痢のときなどに処方してもらった整腸剤の残りをこのときに使ってみることもあります。

先日はスマホのアプリで遊んでいる間に薬が効いたようで、おならが出たあと、そのまま寝てしまいました。やっぱりガスだまりだったみたい!無事排出されて何よりです。

体温をチェック!

うちの子は高熱が出る前もよく泣きます。なので機嫌が悪い時は常に体温は気にしてます。高熱で辛そうであれば解熱剤を使って、翌朝小児科に連れて行きます。

何をやってもダメなら病院へ!

いつものあやし方でダメなら、やはり何らかの不調のサインなのかもしれません。なので、いつもと何か様子が違うと感じたら、ひとりで悩まずに小児科に電話したり、連れて行って相談してみることが一番だと思います。

 

私の場合は、上のやり方で1時間以上泣き止まなければ病院に行く準備をはじめます。ちなみに診察前に泣き止むことも結構あるあるみたいですから、気にする必要はありませんよ!

 

以前、小児科と総合病院をはしごした結果、便秘だったときも、そこで原因が分かったおかげで安心しましたし、同じことがまた起こった時も落ち着いて対処できるようになりました!ただの便秘だったとはいえ、行ってよかったなぁと思っています。

冷静な判断を!

子どもが長時間泣いていると、何だかこちらまで泣きたくなってきたり、必要以上に焦ってしまったりするもの。きっと何か原因があるはずですから、どうか落ち着いて対処されてくださいね!