元保育士ママちいたか先生の子育てがちょっとラクになる話

子育てが楽しくラクになるヒントを紹介しています。

機関車トーマスのおもちゃを比較してみた!

スポンサーリンク

9月の誕生日にクリスマス、そしてお正月を経て、気がついたらトーマスが3台になっていました!

どれも機関車トーマスが大好きな息子のために親戚たちが贈ってくれたものなんです!

3台とも大きさは同じくらいで、どれも電池がいらない手動のおもちゃなのですが、材質やしかけが微妙に違うのがなんだか面白くて!

f:id:chiitakachiitaka:20190117200009j:image

ということで、今回は機関車トーマスのおもちゃを比べてみました!

 

 

木でできたトーマス

我が家のトーマス1号はこちら!厳密にはプラスチックや金属も含まれています。

 

 

こちらのセットをいただいたのですが、単品でも購入できるみたい。

 

先輩ママによると、トミカやプラレールよりもお高い高級トーマスなのだそうですよ!

 

二両編成でマグネットで連結できるしくみになっていて、貨車の荷物は下ろせるようになっていました!

 

木でできた線路や船などもついています。

 

本来は8の字のコースになるのですが、子どもが組み立てるにはちとむずかしいので、息子は自分なりに組み立てて楽しんでいる様子。

 

それから船の前を通ると煙突?から花火が飛び出すしくみになっているんですよ!この仕掛けには子どもたちも大喜び!

f:id:chiitakachiitaka:20190119011942j:image

そしてトーマスをよく見るとこのような模様が!!お誕生日のお祝いにピッタリですね!

 

ベルが鳴るプラレール!?

我が家のトーマス二号はこちら!妹のママ友のオススメとのことでした。

 

こちらは手動で一両編成なのですが、タグにはプラレールと書いてありました!

 

プラレールのトーマスといえば、客車を引いたこちらをイメージするのは私だけではないはず。

このタイプと比べるとお手頃価格でした!

 

また、電動のプラレールは電池をかなり消費すると聞いていたのですが、こちらは電池不要とのことなのでその心配もありませんね。

 

手で持って走らせるとチリンチリンと可愛らしいベルのような音がするんですよ!これには息子も不思議がって裏側をのぞきこんでいました!

動力車と連結できるようにもなっているので、電動で遊ぶこともできるみたいですよ!

 

プラスチック製なので、この3つの中では1番フローリングには優しいのではないかと思われます。

 

トミカのトーマスも!

我が家のトーマス三号はトミカのもの。

 

紹介したなかでは1番小さいのですが、3両編成で連結部の付け外しが可能です。慣れたら2歳の息子でもできるみたい!

f:id:chiitakachiitaka:20190119012134j:image

いたずら貨車たちの表情もなんだか味があります。

 

素材はトミカと同じ金属製なので、落とせばフローリングはガツンと凹んでしまいます。気になる方はご注意を!

 

仲間がいっぱい!

以上3パターンを紹介してきましたが、3種類とも別売りで仲間たちもいるみたいですよ!これは集めたくなってしまいますね!

 

www.kosodate-raku.com

 

 

www.kosodate-raku.com