元保育士ママちいたか先生の子育てがちょっとラクになる話

子育てが楽しくラクになるヒントを紹介しています。

お風呂のおもちゃで楽しく学ぼう!

スポンサーリンク

普段は風呂嫌いなうちの子たちですが、お風呂のおもちゃがリニューアルされたときだけは張り切って入ってくれます・・・

 

夢中になりすぎて長風呂になることもあるくらい、お風呂で遊ぶのは楽しいみたい!最初は入るのを嫌がっていても、洗い終わればあとは永遠に遊んでいるので、寒い時期は風邪をひかないかと心配になっていまいます。

 

そこで今回は、我が家で使っているお風呂のおもちゃや、今後使いたいと思っているおもちゃを紹介します!

 

お風呂のおもちゃ選びのポイント

お風呂ってそんなに広いわけじゃないし、収納場所も限られていますから、どこの家庭でもそんなにたくさんのおもちゃを置けるわけではありません。

となると、毎日同じもので繰り返し遊ぶことになりがちなんですよね?

お風呂のおもちゃは遊ぶ頻度が高いからこそ、子どもたちの興味に合わせて、これから身につけてほしいことを考えながら、選んでいけたらいいなぁと私は考えています。

 

我が家のお風呂のおもちゃ

コップの練習はお風呂で!

コップの練習はお風呂場でするといいよ!と保育士仲間に聞いて、じゃあコップをお風呂のおもちゃにしちゃおうと思い、下の子が1歳半くらいからお風呂場にコップを置いていました。

 

はじめはお風呂の水を汲んだり流したりと、まさに水遊び状態でしたが、徐々に飲む真似をするようになりました。

 

さすがに湯船のお湯を飲ませるわけにはいかないので、とりあえずおもちゃにしていたコップは回収しました。

そしてこのタイミングでコップに麦茶を入れてあげて飲む練習をはじめることに! 

こんな風にお風呂のときにコップの練習をすれば、裸だからこぼしても服は濡れないし、床を拭く必要もないから楽ちんですよ!それに水分補給にもなります!

 

10まで数えてあがろう!

なんていいながら、数を数える練習をしていました。ちょうど娘が自分の年齢を3歳!と言うようになった頃だったように記憶しています。

そんなときに購入したのがこちらの数字のおもちゃ!西松屋のCMで見かけてすぐに買いに行きました。

濡れるとお風呂の壁にくっつくんです。毎日見て触って数えて・・・としているうちに、自然とすうじを覚えてくれたみたい!今は20まで数えるのに挑戦しているようですよ!

 

ひらがな表もお風呂に!

どこに貼っても下の子が破るので貼る場所に迷った結果、お風呂場に落ち着きました!無印良品のひらがな表を使っています。

f:id:chiitakachiitaka:20180617095247j:plain

 

素材も丈夫なのでなんとか破られずに済みました!いや、ちょっと角だけ破れていますが、これでもまだマシな方なんですよ!!ほかのものは真ん中からビリビリになってますから!!

 

もうすぐ4歳半の今では、自分の名前の文字から読めるようになってきているところです。

 

これから取り入れたいおもちゃ

貼って遊べるひらがなあそび!

次に西松屋に行ったときに買いたいのがこちら!

 

こちらも濡れると壁にくっつくもの。今使っているひらがな表にもくっついてくれたらいいなぁと思って!確かくもんの教材でもこういうのがあったはず!

 

ただ、50音を一気に出してしまうと覚えられそうにないので、子どもが読めるものから出して、少しずつ増やしていこうかなぁと思っています。

 

ひらがな表とセットに!

両方揃えるならセットになっているものもありますよ!こちらは表にくっついてくれる仕様になってます。我が家もこっちにしておけばよかったなぁと軽く後悔していますが、今あるものを大事に使いたいと思っています。

 

書く練習もできる!

4歳半の娘がひらがなを真似してお手紙を書くようになったので、そろそろこういうのも取り入れたいなぁと思っているところ!

計量カップ

お風呂の中でのお料理ごっこや薬屋さんごっこに取り入れていけたらいいな!と思っています。

というのが、こうしたあそびの経験が、将来算数を学ぶ中で生きてくるのではないかと思うんです。自分自身の子どもの頃を思い返したときに、単位や体積や容積の勉強では特にそうでした。お風呂で体積のことをめっちゃ考えた覚えがあります。

いろいろな大きさの計量カップが揃えられると良さそう!計量スプーンもいいかも!今度100円ショップで探してみます!

 

図形のパズル

こちらも将来の算数の授業で役立ちそうだなぁと思って!先日娘がこどもちゃれんじのお試し教材でこういうのをやってました!

 

お風呂で楽しく身につけよう!

あら?こうして読んでみると、おもちゃというより教材の紹介だったかも?

ただ、こうした教材も子どもたちにとって楽しければおもちゃだし、勉強だって楽しければ遊びみたいなもの。

遊んで学べる楽しいバスタイムにしていけたらいいなぁと思っています。

 

 

www.kosodate-raku.com

 

 

www.kosodate-raku.com