元保育士ママちいたか先生の子育てがちょっとラクになる話

子育てが楽しくラクになるヒントを紹介しています。

タカキベーカリーのシュトレンは食べやすい!

スポンサーリンク

シュトレンと言ったり、シュトーレンと言ったり・・・ここ数年の間にクリスマスになるとあちこちで見かけるようになりました。

f:id:chiitakachiitaka:20181212155740j:image

元々ドライフルーツも好きだし、パンもケーキも大好き!だから毎年食べてはみるんだけど、なんかがっかりさせられるというか、あと少しなんだよなぁーと惜しい感じがして・・・

でも、いつか私の口にも合う美味しいものに出会えそうな気がして諦めきれなくて、今年も買ってしまいました!

 

口に合わなくて食べきれないかもしれないから、片手にのるくらいのミニサイズにしたのですが、これが大失敗!!

もっと大きいのにしとけばよかったー!!とってもおいしかったんです!

やっと理想のシュトレンに出会えました!これはクリスマスの我が家の定番になりそうな予感。

 

ということで前置きが長くなりましたが、今回はシュトレンのお話です。

 

 

シュトレンの風習

クリスマス前のアドベントの時期に食べるドイツの伝統的なお菓子です。アドベントの時期になるとシュトレンをスライスしてクリスマスまでに少しずつたべていく風習があるだそう。そのため、砂糖やバターをたっぷりと使って日持ちするようにしているのだとか!さらに寒い地域なので、時間をかけて食べることができるみたいです。

本場のシュトレン

ウィキペディアの説明によると、

酵母の入った生地に、レーズンとレモンピール、オレンジピールナッツが練りこまれており、焼き上げたケーキの上には真っ白くなるまで粉砂糖がまぶされている フルーツの風味などが日ごとにパンへ移っていくため、「今日よりも明日、明日よりも明後日と、クリスマス当日がだんだん待ち遠しくなる」とされている 

この風習やレシピを参考に、最近では日本でも生産されているみたいですよ!

国産のシュトレン

近年、日本のメーカーもあちこちがシュトレンを生産、販売しているようで私も気になっています!

というのが、国産のものは日本人の口に合うように作られてると思うからよりおいしいのではないかと思って!なので、本場のシュトレンがちょっと苦手だなぁという人は国産のものを探してみるといいかもしれません!

私も国産のものに焦点を当てて探した結果、とても美味しいシュトレンに出会えました!

タカキベーカリーのシュトレン

コープさんのカタログで見かけて、タカキベーカリー さんなら期待できそうだと思い、注文してみました!

 

f:id:chiitakachiitaka:20181211105835j:image

このようなクリスマスらしいパッケージに入って冷凍された状態で宅配されてきました。常温で3時間解凍して、スライスして食べるようにとのこと!早速食べてみました!

f:id:chiitakachiitaka:20181211103039j:plain

 

甘さ控えめで今まで食べてきたものほど重たくはなく、硬くもなくて食べやすかったです!

さらに、フルーツの甘酸っぱさにシナモンの味わいとオレンジピールの独特の苦味が加わって、さらに洋酒の味もしてきて、ついたくさん食べてしまいました。今までのシュトレンだったら、一口だけで満足って感じだったのに。

 

私が期待してきたシュトレンにやっと会えた!って感じ。

来年は大きいものを買うつもり!朝食におやつに大活躍してくれそうです!

追記。こちらのミニシュトレンは、セブンイレブンでも取り扱っているのだそうですよ!ご興味のある方は探してみてくださいね!

 

我が家の定番を見つけよう!

この他にも本場のクリスマスやクリスマス前のアドベントの習慣を取り入れて楽しんでいるご家庭も多いみたい!我が家もいろいろ試してみているところです!

 

www.kosodate-raku.com


www.kosodate-raku.com

素敵な文化や風習はどんどん取り入れて、クリスマスやアドベントの時期を子どもたちと一緒に楽しめるといいなぁと思っています。