元保育士ママちいたか先生の子育てがちょっとラクになる話

子育てが楽しくラクになるヒントを紹介しています。

家族バラバラ別行動!な休日の過ごし方。

スポンサーリンク

休日は家族揃ってレジャーやショッピング!みたいな過ごし方が定番ですよね?我が家も子どもが小さいうちは特に、間が持たないからとりあえずみんなで外に出よう!みたいな感じでした。

でも、休みの日のたびに家族で団体行動をしてたらなんだか疲れてきませんか?

そんな団体行動が苦手な私たち夫婦は、下の子が1歳になったころから家族別行動で過ごすことが多くなりました。そこで、今回は我が家の休日事情を紹介します!

 

我が家の休日事情

夫は日勤と夜勤の週替わりの交代制勤務。なので、週の半分は日中も家にいます。

さらに土日休みで年3回の10連休があるので休日には恵まれてるかな?という印象。

 

その上、私は専業主婦。下の子は未就園。

 4月に上の子が幼稚園に入園するまでは未就園児が2人、常に家にいました。

 

家族時間が長いのも困りもの。

おそらく我が家は、家族4人で過ごす時間に恵まれ過ぎていたんだと思います。ですが、それもそれで大変というか、話がまとまらないというか、衝突することも増えてくるというか。

だからこそ、我が家にはこういう過ごし方があっていたみたいです!

 

ひとりの方が早くてラク!

買い物でも通院でも、ちょっとした用事でも、何か目的があるときにはひとりで行動した方が断然効率的です。なので、休みの日の朝はまず、こうした用事を伝えあいながら調整して時間を作るようにしています。

通院は最低人数で!

大人の通院は大人だけ。子どもの通院はできるだけ親ひとり子ひとりで行くようにしています。夫が夜勤の時は子どもを病院に連れていってくれることが多いので、症状を都度LINEして共有するようにしています。

で、私と元気な方は家で留守番していたり、病院の近くで買い物を済ませていたりすることができるので、とても効率的です!

 

www.kosodate-raku.com

 

買い物はネットスーパーとコープで!

食品や日用品は、火曜日がネットスーパーで5000円分、木曜日がコープで3000円分ほど購入しています。

 

www.kosodate-raku.com

 

我が家の平日の買い物はほぼこれだけ。実際に目で見て選んで購入したいものだけは、休日に下見をしたり、いいものが見つかればその場で購入したりしています。

 

下見する必要のないものはYahoo!ショッピングで注文することで、休日のお買い物は最小限で済ませるようにしています。

 

www.kosodate-raku.com

 

お互いの休む時間を作ろう!

相手の体調の悪いときや疲れているときは、ひとりで家でゆっくり休めるように、余裕のある方が子どもたちをつれて出かけることも!

もしくは、下の子と夫婦のどちらかが一緒に昼寝をしている間に、上の子を連れて出かけることもあります。

大抵、子どもふたりを連れて自分の実家に帰ることが多いかな?娘と私のふたりだったら、百貨店で化粧品を買ったり、イルミネーションを見にいったり、パンケーキを食べたりとまるで女友達と遊んでいるようなコースになることも!これはこれで新鮮で楽しくて!母と娘の大事な時間でもあります。

f:id:chiitakachiitaka:20181209104846j:image

 

お互いのひとり時間を作ろう!

美容室に行ったり、コンサートに出かけたり、そのついでにぶらぶらとショッピングを楽しんだり…

そんなひとりの時間も確保するようにしています。そのためにも、休みに入ったらしたいことをお互いに伝えあい、どうにか日程を調整するようにしています。

時間にして、だいたい半日くらいかな?それだけでも随分リフレッシュできますよ!

専業主婦でずっと家で子どもと過ごしている私にとっては貴重な時間です。

上の子との時間を作ろう!

娘と一緒にプリキュアの映画を見にいったり、お菓子のお家を作るワークショップに出かけたりするときには、下の子は夫に託すことで、ふたりの時間を大事にするようにしています。

 

www.kosodate-raku.com

 

また、園行事も、夫に下の子をたくして私ひとりで参加することが多いかも!というのが、現在2歳の下の子がとにかくやんちゃで手がかかりすぎるので、上の子の相手がなかなかできないんです。せっかくの上の子の幼稚園の行事なのに、なんだか上の子がかわいそうになっちゃって!なので、上の子との時間を楽しむためにもできるだけ下の子は預けるようにしています。

 

www.kosodate-raku.com

 

家族の距離感を見直そう!

家族の中でなんだかギクシャクしてうまくいかない・・・そんなときには、あえて別行動をしたり、ひとりの時間を楽しんだり、子どもとふたりきりで過ごしてみたり・・・

休日の時間の使い方を見直してみると、いい方向に向かうこともあるかもしれません。

 

せっかくの休日なんだから家族だんらんや家族サービスをしなくちゃ!という価値観に囚われすぎず、自分たちが元気で楽しく過ごせる休日の使い方を見つけてみてくださいね!

 

www.kosodate-raku.com