元保育士ママちいたか先生の子育てがちょっとラクになる話

子育てが楽しくラクになるヒントを紹介しています。

手ピカジェルと手ピカジェルプラスの違いと使い分け方

スポンサーリンク

我が家で愛用している手ピカジェル [指定医薬部外品] 300ml

少なくなってきたので購入しようとしていたところ、手ピカジェル プラス 300mL [指定医薬部外品]という商品を見つけました!

さらに、手ピカジェル PRO 500ml という商品もあるらしくどれにしようか迷っています!

ただこの三つの違いがよく分からない・・・

そこで、それぞれの違いを調べるとともに、使い分け方を私なりに考えてみました!

 

 

 

成分の違いは?

まず、こちらが手ピカジェル [指定医薬部外品] 300ml!ピンクの方です!

 

f:id:chiitakachiitaka:20181125155102j:image      

 

 

そしてこちらが手ピカジェル プラス 300mL [指定医薬部外品]で黄色いボトルの方です。

f:id:chiitakachiitaka:20181125155105j:image

どちらも有効成分はエタノールで濃度も同じみたいですね!

 

そこで、添加物の欄を見ていくと手ピカジェル [指定医薬部外品] 300mlの方はヒアルロン酸が入っているみたい!なんだかお肌に良さそうですね!一方、手ピカジェル プラス 300mL [指定医薬部外品]の方は添加物の種類が多いみたい。素人の私にはこれだけ見てもよくわかりませんが、こんな解説を見つけました!

f:id:chiitakachiitaka:20181126093633p:image

つまり、手ピカジェル [指定医薬部外品] 300mlは中性で、手ピカジェル プラス 300mL [指定医薬部外品]は弱酸性なのだそう。

ここに効果の違いがあるみたいですよ!

 

手ピカジェルは手に優しい!

アルコール消毒を繰り返していると、手が荒れてしまうことってありませんか?特に乾燥する季節はつらいですよね?

手ピカジェル [指定医薬部外品] 300mlには、ヒアルロン酸が配合されているため肌に優しいのだとか。

さらにpHも中性とのことなので、手へのダメージは少なそう。

 

手ピカジェルプラスは殺菌効果が高い!

 

手ピカジェル プラス 300mL [指定医薬部外品]は消毒効果を高めるために、pHを高めて弱酸性にしているのだとか!

より広範囲のウイルスや細菌への効果が期待できるのだそうです。さらに、あのノロウイルスへの効果があるところが手ピカジェル プラス 300mL [指定医薬部外品]の強みみたいですよ!

ノロウイルスには塩素消毒!というくらい強烈なウイルスなだけに、手指の消毒は難しいのかな?と思っていました。それだけにとても使ってみたくなりました。

 

手ピカジェルプロは大容量!

こちらは公式サイトには掲載がありませんでしたが、実際に販売されています。

成分は手ピカジェル [指定医薬部外品] 300mlと同じなのですが、どうやらこちらの方が容量が大きいみたいですね!職場のみんなで使うなど使用頻度が多いならこちらの方がいいですよね?

 

ただ、手ピカジェル [指定医薬部外品] 300mlには使用期限があるのでご注意を!期限内に使い切れる量を購入した方がよさそうですよ!

 

我が家での使い分け方

普段使いには?

やっぱり手荒れが気になる!!ということで、普段のオムツ替えの後や帰宅後には、今まで通りピンクの手ピカジェル [指定医薬部外品] 300mlの方を使っていきたいなぁと思っています。

公式サイトによると、インフルエンザウイルスはこうした消毒に弱いとのことなので、予防として使うならピンクの方でも十分そうでしたよ!

子どもの看病の時には?

今はピンクの手ピカジェル [指定医薬部外品] 300mlの方を、子どもの鼻水を拭いてあげた後やオムツ替えをした後、嘔吐物の処理をした後に使っています!

ただ、今後は嘔吐下痢の症状があるときだけは、感染防止のため、黄色の手ピカジェル プラス 300mL [指定医薬部外品]の方に差し換えようかと思っています。

 

www.kosodate-raku.com

 

子どもたちには?

帰宅後と食前に手洗いうがいをするようにしていますが、それだけでは不十分だと感じるときにピンクの手ピカジェル [指定医薬部外品] 300mlを使っています。

例えば、せっかく食前に手を洗っても、食べるまでにあちこちさわってしまってというときや、庭でおやつを食べることになったときなどの時短アイテムとして頼ってしまっています。

 

ちなみに年齢制限は特にないのだそうですよ!うちの子たちも手洗いがまだうまくできない離乳食の頃から使っています!手が荒れたり嫌がったりすることもないので安心して使っています!

 

嘔吐下痢が流行ってるときは?

先週、幼稚園の事務員さんからそのように聞きました。こんなときは子どもたちにも帰宅後に黄色の手ピカジェル プラス 300mL [指定医薬部外品]を使うようにしようかと思っているところ。今回はもうすでに2人とも嘔吐下痢をもらってきてしまいましたが、これからは親子ともに手ピカジェル プラス 300mL [指定医薬部外品]で対策しようと思っています。 

 

www.kosodate-raku.com

インフルエンザ流行期は品薄に!?

特に新型インフルエンザが流行した時は売り切れているお店が多かった!ということで余裕をもっての購入をおすすめします!

ちなみに公式サイトによると、インフルエンザウイルスはこうした消毒に弱いとのことなので、予防として使うならピンクの方でもいいみたいですよ!

 

ということで、上手に使い分けながら、風邪や病気が流行る季節を元気に快適に!乗り切っていきたいものですね!

 

www.kosodate-raku.com

 

www.kosodate-raku.com