元保育士ママちいたか先生の子育てがちょっとラクになる話

子育てが楽しくラクになるヒントを紹介しています。

冬はうつになりやすい?産後うつや育児疲れにならないように気をつけていること!

スポンサーリンク

パパさん、ママさん。毎日の育児お疲れさまです。冬は年末年始の慌ただしさや子どもたちの冬休みに追われ、さらに寒さで体調を崩しやすい時期でもあります。それに加えて精神的にも結構こたえる時期でもあるみたい!

 

f:id:chiitakachiitaka:20181123071453j:image

 

特に育児中の方は、産後うつや育児ノイローゼになりやすい時期でもあるんです。実は私もここ最近、なんだか気持ちがソワソワしたりモヤモヤしたりして、ちょっと自分なりに気をつけているところ!そこで今回は、寒さに負けず、ココロもカラダも元気でいるために気をつけていることを紹介します!

 

 

 

産後うつって?

ホルモンバランスの乱れが原因とよく聞きますよね?ですが、最近はパパの産後うつもあるみたい。それだけが原因ではないように個人的には感じています。

 

www.kosodate-raku.com

 

専門的なことはプロの方にお任せするとして。

周産期メンタルヘルス − 産後うつ病について理解を深めるためのホームページ

 私は自分の経験から書いてみようかと思います。

 

まず、1人目の産後の体調の変化について。

 

www.kosodate-raku.com

 

出産した日の夜に、今まで味わったことのないような猛烈な寒気に襲われました。8月なのに。真夏なのにです。

そのときは電気毛布をお借りして、なんとかしのげました。退院後もそのような寒気に襲われることがよくありました。頻度は減ってきましたが、今だに熱もないのに寒気でぞくぞくすることがあります。

 

それから頭痛にも悩まされました。なんだか目の奥が痛くて、当時は目を開けているのが辛かったです。

この原因が眼精疲労なのか、肩こりなのか、偏頭痛なのか、もしくは副鼻腔炎なのかがよく分からず。病院にも行ってみましたが、今だによく分からないまま、とりあえずロキソニンを飲んで凌いでいます。生理が再開した今では、生理が終わった後の1週間が頭痛のピークであることがわかってきました。なので、やはりホルモンバランスによるものなのかなぁと個人的には感じています。

 

それから、夜間の授乳が続いている間はかなり眠りが浅くなり、変な夢ばかり見ていたので眠った気がしませんでした。

そのせいか、赤ちゃんが泣いていると変な耳鳴りがして当時はしんどかったです。

 

こうも体調が優れないと精神的にもかなりこたえました。妙にイライラして夫に八つ当たりすることも。まさに産後クライシスってやつで、ケンカばかりしていました。

それにしんどくて泣きたいと思っても、なぜだか涙が出てこなくて。普段は小さなことでよく泣くだけに、自分が思っている以上に精神的にきているのではないかと感じた出来事でした。

こんな状態が上の子の2歳くらいまで続きました。

 

そして、2人目を妊娠して無事に出産。

 

翌日から下痢が止まらず、入院を延長することに。どうやら胃腸炎になってしまったみたい。

 

無事退院してから半月くらい経って、謎の顔の痛みを発症しました。歯科や脳神経外科、耳鼻科、内科などあちこちで診てもらいましたが、原因はよくわからず。とにかく痛くて、薬も効かなくて精神的にも辛かったです。

5月に奥歯に穴が開いていることに気がつき、生まれてはじめて虫歯になってしまいました。虫歯の治療をしたときにその痛みからも解放されたので、やっぱり虫歯だったみたい。

 

上の子のときと同じような症状もありましたが、自分なりにうまく付き合えるようになっていたので、顔の痛みが治まるとともに産後7ヶ月ごろから元気に過ごせるようになりました。

 

育児疲れって?

woman.mynavi.jp

 

こちらも私の体験を少しだけ。

専業主婦で毎日こどもと一緒にいると、やっぱりしんどいなぁと感じる時期があります。特に未就園児2人とずっと一緒だった時期は大変でした。

産後の寝不足の時や子どものイヤイヤ期、私自身の体調が優れない時は気が滅入ってしまいがちでした。

それ以外にも引越しの前後、夫の勤務形態の変化や娘の入園前後などの生活の変化がある時期にもなんだかアタフタしてしまいました。

そんなとき、家事や育児に追われているはずなのに、何も手につかずソワソワしてしまうことがあります。それでも無理して頑張ってやっているときに限ってうまくいかなかったり、失敗したりするんです。で、さらにやることが増えたり、落ち込んでしまったりというのがいつものパターンです。

 

冬はうつになりやすい?

日照時間が短いからとのことで、寒い国や地域では自殺率も高いというのを聞いたことがあります。冬季うつと呼ぶそうです。

health.goo.ne.jp

日本でも寒くなる季節ですし、年末年始の慌ただしい時期でもあります。また、インフルエンザや嘔吐下痢が流行る時期でもありますから、体調を崩したところから精神的にしんどくなるというパターンもあるようです。

 

気をつけていること

私の場合、メンタルが弱い自覚があるので、次のようなことを気を付けるようにはしています。

 温活デビュー

産後、季節を問わず体の冷えに敏感になりました。もしかしたら産後の猛烈な寒気にも関係するのかも?と考え、体を冷やさないように気をつけるようになりました。冷たい飲み物を控えたり、防寒具やカイロを使ったり、湯船に浸かるようにしたり。

すると、自分が思っている以上に体の冷えがストレスになっていることに気がつきました。これが私の日常の小さなストレスを解消しようとするきっかけにもなりました。

体の不調と向き合おう!

小さな不調は小さなストレスに。それが続けば大きなストレスになっていくもの。ひとつの不調が改善されたり、対処法がわかったりするだけで物事がいい方向に進むことも!病院に行ったり情報収集をしたり、自分の体に合いそうなものを探したりしてみてくださいね! 

太陽の光を浴びよう!

日照時間が短い冬だからこそ、カーテンを開けて太陽の光を浴びるようにしています。特に朝日を浴びることは生活リズムを整えるためにもいいみたい!

また、寒い日でもしっかりと防寒をして子どもたちと太陽の下で過ごすようにしています。家にいるときは頭痛や動悸でしんどくても、外に出ると案外よくなったりすることもあるんですよね?そんなときに精神的なものなのかな?と思うことがあります。

規則正しい生活を!

子どもたちが夜眠るようになってからは子どもだけでなく、私自身も生活リズムを整えるように心がけています。

デジタルデトックスを!

テレビやスマホやパソコンを控えることをこのように言うらしい。

とはいえ、まったく使わないわけにはいかないので、テレビは録画したものだけ。SNSは情報収集だけ。夜はパソコンは使わない。というルールに落ち着いています。肩こりや眼精疲労、頭痛、眠れないなどの症状が緩和されるといいなぁと思い、心がけています!

睡眠を大切に!

ココロとカラダがしんどいなぁと感じるときは、とにかく子どもと同じくらい寝るように心がけています。今でこそよく眠れるようになってきましたが、産後は不眠に悩まさました。

そんなときは無理に眠ろうとせずにリラックスして自分の好きなことをする時間に当てていました。この時間があったおかげで、ストレスも発散できていたみたい。子どもが寝たら家事をやめて好きなことをする!という習慣は今でも続いています。

特に不眠に悩まされていた時期は、猛烈な眠気がやってきたら、そのタイミングを逃さないように夫や両親に子どもたちを託して眠るようにしていました。

私の場合、子どもが寝ている間に無理して眠ると変な夢ばかり見て眠りが浅くなって、目が覚めてもまったく眠った気がしないくらい疲れがとれてない感じがして。なので、家族に協力してもらいながら、眠りが深くて短時間で睡眠不足が解消できるこの方法でどうにか乗り越えました!

もっと周囲の力を借りよう!

子育てってひとりでやろうとすればするほど、煮詰まってくるしその負担が一番かかっているのはパパやママではなく、実は子どもたちなのではないかと。

これって子どもたちのために頑張っているようで子どもたちのためになっていないんじゃないかと自分でも感じることがあります。

 

だからこそ、私はいろんな人を自分の子育てに巻き込んでいます。

両実家にはもちろんのこと、保健師さんや病院の先生やスタッフ、育児サークルのボランティアの方、幼稚園の先生、ご近所さん、子どものお友だちのママさん、学生時代の友人や外出先で出会った子どもが好きな人たちまで。

 

いろいろな方たちに悩みを聞いてもらい、子どもたちと遊んでもらい、可愛がってもらい、見守ってもらい、騒がしいことにも目をつぶってもらってやってきました。

これからもそんな方たちへの感謝の気持ちを忘れずに、できることは恩返ししつつ、このスタイルでやっていくつもりです。

とりあえず様子をみる!

なんだかソワソワして物事が手につかない。何をやっても上手くいかない。そんな日は急ぎのこと以外は何もしません。いや、しないのではなく、「とりあえず様子をみる」んです。しばらくの間、ぼんやりと過ごしたり、好きなことをしたり、子どもを夫に託してひとりででかけてみたり。心が落ち着いてくるのを待ってから、行動するようにしています。

ココロとカラダはつながっている

カラダの不調が精神的なものからきていたり、逆に精神的なことからカラダの不調が出てきたり。どうやらそんなものみたいです。

なので、なんだか最近調子が悪いなと感じたら、ココロとカラダの両方を見直してみると意外な解決策が見つかるかもしれません。

うつは「心の風邪」だと聞いたことがあります。風邪は引き始めが大事!

 

www.kosodate-raku.com

少しでも調子が悪いと感じたらすぐに手を打ってみてくださいね!