元保育士ママちいたか先生の子育てがちょっとラクになる話

子育てが楽しくラクになるヒントを紹介しています。

アドベントカレンダーで毎日小さなプレゼントを!

スポンサーリンク

12月の始まりとともに、クリスマスまで毎日楽しめるアドベントカレンダー!

クリスマスの風習のひとつとして昔から海外では親しまれてきたものですが、最近では日本の家庭でも楽しまれるようになってきましたね!

我が家では上の子が2歳の頃からしているのでもうすぐ3回目になるのかな?毎年とても楽しみにしてくれているので、11月からあれこれ探し回っています!

 そこで今回はアドベントの風習や我が家でのアドベントカレンダーの楽しみ方を紹介します!

アドベントの風習

キリスト教の歴史的・宗教的なお話なだけにちと説明しにくいのですが、ざっくりいうとクリスマスまでの準備期間のことをアドベントというみたい。

アドベント - Wikipedia

日本でも取り入れられている一般的なものとしては、クリスマスリースやクリスマスツリー、キャンドルを飾ったり、シュトーレンをいただいたり。

 

 

そんな中にアドベントカレンダーという子どもたちが楽しみにしている風習があるわけなんです。

アドベントカレンダーって?

無印良品 カウントダウンカレンダー

がよく知られているのかなぁと思うのですが、こんな感じで12月1日から24日(25日のものもあります!)までの日付が引き出しに書かれています。

この中には子どもたちへの小さなプレゼントが入っているんです。それを毎日1つずつ開けて楽しみながら、ワクワクした気持ちでクリスマスを迎えるというものなのだとか。

プレゼントの中身はおもちゃだったりお菓子だったりと様々!選ぶこっちも楽しくなってしまいます!しかも、最近では大人向けのものまであるんですよ!

のちほど、紹介しますね!

我が家の楽しみ方

我が家がアドベントカレンダーを始めたきっかけは、夫のおかあさんがらの娘へのプレゼントでした!24個の小さな箱を開けるのが私も娘も本当に楽しみで!

onlineshop.cafe-ohzan.com

ちなみにプレゼントの中身は確かラスクだったかな?それにアイシングやデコレーションが施されていて、食べるのがもったいないくらい可愛かったです!


onlineshop.cafe-ohzan.com

 

ひとつひとつの形や絵柄が違うだけに娘に毎日のように「見せて見せてー!」なんて言いながら楽しんでいました。

できれば、夫のおかあさんとも一緒に楽しみたかったなぁ!とても素敵な少し早めのクリスマスプレゼントが本当にうれしかったです。

 

その小さなプレゼントボックスたちがなんだか私も気に入っちゃって。大事に取っておくことにしました。翌年以降は中身はこちらが用意して、毎年こちらのアドベントカレンダーを使って12月を楽しんでいます。

 

ちなみに昨年はカルディのお菓子の詰め合わせにお世話になりました!無印良品にもアドベントカレンダー専用のお菓子があるみたい!

個包装のお菓子だと箱が汚れないし使いやすくていいですよ!

 

毎年使い回せるものも!

もし私のように毎年使うようにするのであれば、選び方が大事なんです!

丈夫なものを!

紙のような箱だと、小さな子どもの手で開けているとすぐにボロボロになってしまいます。それだけに、丈夫そうなものがよさそうです。そのためにも木製のもの薬引き出しのものを選ぶと安心ですね!

 

もしくはこんな布製のガーランドもいいかも!これなら壊れないし汚れも目立ちにくそう!毎年お部屋に飾って長く使えそうですね!

 

大きめのものを!

また、容量が少し大きめのものを選んだ方が使いやすいかもしれません。というのが、私も翌年以降、こちらの箱に収まるものをあれこれ探していますが、結構小さめなもので。それだけに毎年プレゼント探しに苦戦しています。これがもう少し大きめの箱だともっとプレゼントの選択肢も広がるのかな?なんて感じています。

 

クリスマスコフレにも!

最近ではいろいろなブランドがアドベントカレンダーを出しているんですよ!クリスマスコフレみたいな感覚で楽しめますよね?

 

ちなみに私が気になっているのはロクシタンのもの!