元保育士ママちいたか先生の子育てがちょっとラクになる話

子育てが楽しくラクになるヒントを紹介しています。

毎日のお片付けを楽しくしたい!

スポンサーリンク

派手に散らかすだけ散らかして、思いっきり遊ぶだけ遊んで・・・でも、お片付けは苦手な子どもたち。

確か、お片付けの習慣が身につくのは6歳ごろからだというのを聞いたことがあります。

できればお片付けも楽しくしてほしいもの。毎日のことだけに叱りたくないですよね?そこで、我が家でやっている方法を紹介します!

 ルールを作ってみよう!

毎日のことだから、マンネリにならないようにちょっとしたルールをつくって提案してみると案外張り切ってくれることもありますよ! 

トングで拾う!

 

我が家ではミルトンのトングが餌食に!?画像の容器の横に付いているものです!道具を使うことで夢中になって片付けてくれました。ちなみにプールのおもちゃのお片付けは虫取り網がよかったですよ!

f:id:chiitakachiitaka:20181107104115j:image

お風呂では取っ手付きの洗面器(?)で集めるようにしています!

色別、種類別に片付けてみる!

「赤いもの持ってきてー!!」とか、「食べ物を集めてきてくださーい!!」とかいう言葉かけをすると、必死に探して持ってきてくれます!

 

種類別に箱を分けて収納しているときには、この方法が片付けやすそうでした。

曲が終わるまでに片付けよう!

我が家の場合は、アナ雪の曲!

きき慣れた曲だと終わりに近づいているのがよくわかるから、子どももラストスパートをかけやすいみたい!

童謡よりも少し長めの曲の方が使いやすいですよ!アニメの主題歌なんていいかも!2番くらいまである曲がベストです!

子どもたちの好きな曲を用意してみてくださいね!

持ち運べる入れ物に集める!

バスケットでもバケツでも紙袋でもいいのですが、持ち歩きながら集められる形や大きさのものがいいみたい!できれば小さめですぐに満タンになるものがいいかも!

f:id:chiitakachiitaka:20181107105924j:image

あちこち歩きながら遠くに落ちているおもちゃも見つけて持ってきてくれます!

役割分担を決めて競争する!

「私が絵本を片付けるから、あなたはつみきを片付けてね!どっちが早いか競争だよ!」というように競争心を掻き立ててみましょう!

親子で競うのもいいけど、きょうだいで競うようになるとより早く片付きそうですね!

タイミングにひと工夫を!

子どもたちが楽しみにしていることの前にお片付けを組み込むようにすると、子どもたちも張り切ってくれますよ!

好きな番組が始まる前に!

うちの子たちは夕方の4時からDlifeのディズニーチャンネルを観るので、その前におかたづけタイムを設けています。

だいたい始まる5分前に声をかけて片付け始めます!で、終わったら、テレビをつけるようにしています。

主題歌やコマーシャルの間に!

それが間に合わなかったときはこうした時間を利用します!

主題歌は毎回同じですから、たまには見れなくたって大丈夫みたい!コマーシャルだってみていてもおねだりが増えるだけなので。

この時間を使って片付けだけでなく、着替えや洗濯物の片付けもこんな感じでやっています!

おやつの前に!

子どもたちが片付けてる間に私はおやつの用意をしています!そして私が先に食べ始めようものなら、そのときは大急ぎで片付けています。

食事の前に!

好きな献立のときやお腹が空いているときは特に張り切ってくれますよ!元々食事の準備のお手伝いが好きなので、急いで片付けてお手伝いまでしてくれます!

 

外遊びやお出かけの前に!

これが1番早く片付くかも!うちの子たちは外で遊ぶのが大好きなので!楽しみがあれば頑張れるのは大人も子どもも同じみたいですね!

そのあと、お手伝いを頼んでも張り切ってやってくれるので、家事を一通り終えてから出かけることができています!

 

毎日のことだからこそ!

お片付けの時間がマンネリにならないように色々な方法を組み合わせながらバリエーション豊かに楽しんでみてくださいね!

そのうち子どもからルールを提案してくるようになるかもしれませんよ!お片付けの習慣が身につくまで親子で楽しんで取り組んでいきたいものですね!

 

www.kosodate-raku.com