元保育士ママちいたか先生の子育てがちょっとラクになる話

子育てが楽しくラクになるヒントを紹介しています。

風邪を早く治すにはひき始めが大事!

スポンサーリンク

久しぶりに風邪をひいてしまいました。喉の痛みに、鼻水に咳。どうやら子どもたちの風邪をもらってしまったみたい!

いつもは風邪をもらわないようにあれこれ対策をして、なんとか逃げきれていたのですが、やはり季節の変わり目には勝てませんでした。

それでも、ひき始めのうちに風邪をこじらせないように対策をしてきたので、なんとか熱は出さずに済みました。今回は私がしてきた対策を紹介します!

 

 

保育士は強い免疫力を持っている?

と、看護師さんに言われたことがありますが、私は結構よく風邪をひく方かもしれません。ただ、場数が多いぶん、自分に合った風邪対策が分かってきたので、熱が出る前に自力で治せるようになってきました。

 

自分の風邪のパターンを知ろう!

「喉から?鼻から?」みたいなことを風邪薬のコマーシャルでもよく言ってますよね?

私の風邪のパターンは、まず喉が痛くなり、次第に鼻水が出て、発熱。そして、最後に咳が残るというパターンです。

今回はどうにか発熱だけは免れたので寝込まずにすみました!

 

風邪のひき始めのサインを察知しよう!

私の場合は喉の痛みと寒気が風邪のひき始めのサインみたい!この段階で対処すると、案外すぐに治る気がしています。

喉の痛みにはスプレーを!

薬剤師さんに相談して、今はこちらを使っています。炎症を抑えるだけでなく、喉の痛みを鎮めてくれる成分が入っているとのことでした。

 

 

喉に直接塗るタイプも!

以前はよくかかりつけの耳鼻咽喉科で喉に直接消毒をしてくれていたのですが、それがわたしには合っていたみたい!なので、喉に塗るタイプのものもよく使っています!

 

自分に合った方法を見つけよう!

喉スプレータイプと喉に直接塗るタイプ、どっちが自分に合っているかを今比べてみているところ。

こんな風にいろいろ試して、自分に合った方法を見つけるようにしています。

 

1ミリも寒気を感じないように過ごそう!

少しでも寒い!ゾクゾクする!と感じたら、体を温めて寒気を取り除くようにしています。カイロ、ストーブ、温かいものを飲む、湯船で温まるなど、方法はいろいろありますが、私の最終手段は電気毛布にくるまって休むこと!目が覚めたころにはたいてい汗だくなのですが、寒気から解放されてなんだかスッキリします。

 

私の場合は寒気がするときは、熱が上がりかけていることが多いようなので、徹底的に寒気を取り除くようにしています。

 

栄養ドリンクは寝る前に!

私はカフェインが体に合わないのか、余計に体調が悪くなるみたい。気分が悪くなったり、動悸がしたりするんです。

 

なので、栄養ドリンクはノンカフェインのものを飲むようにしています。これなら授乳中も大丈夫なのだそう。安心して飲めますね。

 

説明書きをよく読むと、体調不良時の栄養補給にというようなことが書いてあるんですよ!なので、風邪をひいているときは1日1本飲むようにしています。

 

飲むタイミングなのですが、朝、活動する前に飲んでしまうと変に元気が出て無理してしまいがちなので、あえて夜寝る前に飲むようにしています。その点でもノンカフェインなので、変に目が醒めることなくゆっくりと眠ることができます。

 

子供と同じくらい寝るように!

熱が出て本当に寝込んでしまう前に、睡眠時間をしっかりと確保するようにしています!

 

私は風邪をひいたら、家族に宣言して、子どもたちと一緒にさっさと寝ます。お昼寝の時もそこまま一緒に寝ちゃいます。普段眠りが浅い方なのですが、風邪をひいていると本当によく眠れるんです。体が睡眠を欲しているのかもしれませんね。

 

風邪薬の力を借りよう!

体がしんどすぎて眠れない。そんなときは風邪薬の力を借りてでも眠るようにしています。

私の場合はパプロンがよく眠れるので、寝る前に服用します。

朝飲んでしまうと眠たすぎて何も手につかず、私自身が使い物にならなくなってしまいました。なので、朝の服用はお休みして、今は昼寝前と夕食後だけにしています。なので今は寝る前だけにしています。

誰も看病してくれないからこそ!

子どもたちは私が看病するし、夫は高熱が出れば会社を休むわけだし、じゃあ専業主婦で育児中の私は?と考えると、基本的には通常運転なんですよね?

だからこそ、家族以上に自分の健康にも気遣うようになりました。

しっかり予防して、ひき始めには対策をして、風邪の多い季節を乗り切っていきましょうね!

 

www.kosodate-raku.com