元保育士ママちいたか先生の子育てがちょっとラクになる話

子育てが楽しくラクになるヒントを紹介しています。

子どもの靴の選び方のポイント!

スポンサーリンク

運動会が終わったので、娘の靴を新調しました!これから3学期のマラソンシーズンに向けてじっくりと慣らしていくつもり。

 

娘の幼稚園は裸足にスニーカーを履いて外遊びや運動をするので選び方が難しくて。ちなみに運動会も裸足にスニーカーでした!そんな中で、我が家が気をつけていることを紹介します。

半年ごとに見直そう!

今までは子どもが転びやすくなったり、疲れやすくなったり、歩くのを嫌がるようになったときに靴のサイズを見直してきました。

 

最近では本人が靴下を履くと足が痛くなると話していたので、そのことがサイズを見直すきっかけとなりました。

そこで我が家では、幼稚園で裸足で履くための靴と休日のお出かけで靴下を履いてから履くための靴とを分けることにしました。

裸足用の靴が小さくなった頃には、靴下用の靴が裸足で履くのにちょうどよくなっているはず。

とはいえ、登園時だけは靴下を履くようになっているので、そこだけは我慢してもらっています。

 

一般的な目安としては、幼稚園児くらいになると、1年ごとに約1センチずつ成長していくものなのだそう。ということは半年で0.5センチなので、半年ごとに見直すといいみたい。

 

なので、我が家でも今履いているものより0.5センチほど大きいものを選びました。

マジックテープで固定できるものを!

幼稚園や小学校の上靴といえば、バレエシューズが一般的ですが、マジックテープで固定できないため、実は子どもの足にはあまりよくないのだそう。

 

ちなみに娘が1歳の頃にミキハウスさんで相談したところ、娘の足は足首が細くて不安定になりやすいため、足首が固定できる靴がいいとのことでした。

 

 

ちなみに足の甲が薄いタイプの足には、足の甲を固定できるものがいいとのことでした。

こんな風に専門家に相談すると、我が子の足の特徴や靴の選び方がよくわかるようになりますよ!

 

インソールを外してサイズを合わせてみよう!

最近、娘がよくお世話になっているのがムーンスターさんの靴です。ちなみに今回で3足目。

インソールに靴のサイズの目安のラインが入っているからサイズ選びがしやすいんです!

こんな風にインソールが外せるものの方がサイズを目で見て確認できるのでわかりやすいですよ!

f:id:chiitakachiitaka:20181021230418j:image

つま先から1センチほどの余裕を!

上の写真のインソールの写真でもそうですが、つま先から1センチほどのところに目安の線がありますよね?

このように少しつま先が動かせるくらいの余裕があるほうがつま先に力を入れて走りやすいのだとか。ということは、つま先が靴につく前に早めにサイズを見直した方がよさそうですね!

 

つま先のソールが曲がりやすいものを選ぼう!

つま先に力を入れて地面を蹴って走るためにも、ソールの部分は柔らかいものがいいのだとか。こちらもミキハウスさんで聞きました!たしかにつま先が曲がりやすい方がなんだか踏ん張りやすそうではありますよね?

f:id:chiitakachiitaka:20181021230218j:image

ムーンスターさんの靴もつま先に力を入れやすい構造になっているみたい!

他にも上に書かれている条件を満たしてくれているようなので愛用しています!

f:id:chiitakachiitaka:20181021230626j:image

小指が曲がってないかな?

靴を脱いですぐに子どもの足を見てみましょう!小指が曲がっていませんか?

そのままにしていると、足が変形してしまい、姿勢や噛み合わせばかりでなく、足腰の痛みなどの様々な不調の原因になるのだとか。

特に大きめの靴を履いていると、かかとの位置が合わずに前の方にずれて負荷がかかり、靴につま先の指の部分が当たってしまうことで変形が起こりやすいのだそう。

つい長く履いてほしいから、大きめの靴を買いがちですよね?気をつけなくては!

 

私の周りでは、足の幅が広い子のママたちは気をつけているみたい!私も足の幅にも単位があることを最近初めて知りました!ちなみに幅広くんにはナイキのこちらの靴が大人気です!

 

 

プロに相談してみよう!

shop.kokaken.jp

私の情報はいろいろな靴屋さんに相談してかき集めたものなのですが、最近では個別相談をしてくれるプロの方もいるのだとか。私が聞いたところはひとり1回3000円くらいでした!なんだか陸王のシューフィッターの人みたいですよね?時間のない方や心配な方は特に、こうしたサービスを利用してみるのもいいかもしれませんね!

 

私もプロの方に相談してきたことで、我が子の足の特徴がよくわかり、子どもの靴やサイズが選びやすくなりました!これからも情報収集は続けていきたいと思います!