元保育士ママちいたか先生の子育てがちょっとラクになる話

子育てが楽しくラクになるヒントを紹介しています。

スタジオクリップのクリスマスツリーで冬支度♪

スポンサーリンク

studio CLIP/スタディオクリップで一目惚れしてから早3年。少し早いですが、ハロウィンツリーを楽しむためにツリーを出しちゃいました!

f:id:chiitakachiitaka:20181030085645j:image

 

150センチとやや大きめなツリーなのですが、私ひとりでも出せるくらい軽くて、簡単に組み立てられるんですよ!

今回は我が家のお気に入りのクリスマスツリーを紹介します!

 

組み立てはかんたん!

f:id:chiitakachiitaka:20181019180708j:image

箱から取り出してパーツを並べるとこんなにたくさん!!我が家のダイニングが埋め尽くされてしまいました。こうしてみると組み立てが大変そうですが、studio CLIP/スタディオクリップさんは本当に親切なんです!こんなに分かりやすい説明書がついていました。

f:id:chiitakachiitaka:20181019180643j:image

ざっくりと説明しますと、

f:id:chiitakachiitaka:20181019180959j:image

まず、土台にポールを差し込んで、ネジで固定します。

f:id:chiitakachiitaka:20181019181133j:imagef:id:chiitakachiitaka:20181019181145j:image

よくみると、このように枝1本1本がテープのようなもので色分けされているので、ポールのその色の部分に枝を刺していきます!

f:id:chiitakachiitaka:20181019181315j:image

最後にてっぺんの部分を取り付けて完成です!

f:id:chiitakachiitaka:20181019181518j:image

 あとは枝を広げて整えてあげるときれいになります!

収納場所の目安は?

f:id:chiitakachiitaka:20181019183046j:image

こんなふうに箱詰めされている状態なので、注文時に箱の大きさを確認しておくといいかも!

我が家のツリー(高さ150センチのもの)の箱の寸法をはかってみたところ、だいたい35×40×85センチでした!

 

ちなみに、我が家は2階のウォークインクローゼットに収納しています。

 

私の身長よりも高い場所に置いていますが、意外にもひとりで出し入れできるくらい軽いんです!なので、出すのも片付けるのも思いついたときにサクッとできちゃいます!

 

電飾の数は?

我が家ではニトリのものを使っています!

f:id:chiitakachiitaka:20181019200448j:image

玄関の角に置いている分には100球でちょうどいい感じ。ただ、裏側の見えない面には電飾をつけていないので、360度見える位置に置くのであれば、150〜200球くらいは欲しいかなと感じました!

 

カラーは2パターン

GREENとSNOWの2種類があり、我が家はSNOWにしました!粉雪が枝にかかったような加工がされていて、枝にはまつぼっくりもついているんですよ!シンプルなようで結構こだわっています。

 

ただ、この粉雪が結構舞うんですよね?なので、掃除が大変そうだと感じる方はGREENにしておいた方がいいかも。

こちらもナチュラルで素敵です!

 

ちなみに我が家では、SNOWを玄関の土間に置いていますが、掃除の頻度はツリーを出してない時期とさほど変わらないです。週に1回ほどほうきで掃除をしています。

 

サイズ展開は?

大きなものから小さなものまでありますから、きっと置く場所に合うものが見つかるはず!小さなものは棚やテーブルの上に置くとよさそう!

f:id:chiitakachiitaka:20181020063739j:image

大きいものはリビングはもちろんのこと、玄関に飾るのもいいですよ!

また、ツリーの幅も結構大事!私たちのものは100センチもありましたが、最近のものは70センチに変更されたみたい!省スペースで飾りやすくなっているようです。

少しずつカスタマイズしていこう!

さて、店頭でもクリスマスの準備が出来てきたみたいですね!

www.instagram.com

 

オーナメントにトップツリーに電飾に・・・一度に揃えると出費が多いので、少しづつ買い足していこうと思っています。ちなみに今年はトップスターを。来年はあしかくしを購入出来たらいいな!と思っています。

 

こんな風に時間をかけて少しづつ買い足していけば、飽きることなく長く楽しめそう!

じっくりと出来上がる過程を楽しみながら、我が家らしいクリスマスツリーにしていきたいと思います。