元保育士ママちいたか先生の子育てがちょっとラクになる話

子育てが楽しくラクになるヒントを紹介しています。

子育てしやすい環境って?

スポンサーリンク

市政だよりで見て驚きました!

北九州市が子育て環境ランキングで1位に選ばれました!

東京のNPO法人「エガリテ大手前」が主要都市を対象に行なっている環境評価のランキングとのことです。

しかも7年連続首位なのだとか!

北九州市で育ち、現在子育てをしている自分としてはこんなに嬉しいことはありません。

ですが、ずっとここにいるだけに魅力と言われてもよく分からない。

むしろ、北九州って治安悪くない?ってきっとみんなそう思っているはず。

そこで、どんな観点で選ばれているのかを調べ、子育てしやすい環境について考えてみました!


★もくじ★

小児医療の充実

24時間365日体制の小児救急医療機関が市内に4箇所もあることが評価されているみたい。

確かに北九州市には大きな病院がやたら多いです!

そのため、救急車に乗った患者が、いわゆるたらい回しにされるということが少ないという話を聞いたことがあります。
ちなみにこういう観点から老後住みたい町に選ばれることもあるようです。

また、うちの子の場合は下の子に持病があるため、原因不明の高熱が出たらすぐに病院で尿検査をしてもらわなければなりません。

それだけに、いつでも診察してもらえる環境にあることはやはり安心感があります。

ただ、夜間診療に行くと医療スタッフが殺伐としていてなんか怖い。きっとものすごく忙しいんだろうなぁと。

それでちょっと嫌な思いをしたことがあるので、もう少しスタッフの方々の労働環境がよくなればいいなと願っています。

学童保育の充実

こちらは希望する全ての児童を受け入れる放課後児童クラブが全小学校区にあることが高く評価されたのだとか。

確かに最近、あちこちの小学校で学童保育の校舎が増築されているみたい。

ただ、保育士が集まらないらしいとご近所さんが言ってました。

待機児童ゼロ?

そのように市は発表しているのですが、周囲には入れなかったという子がちらほら。

よくよく聞いてみると、認可保育所ならどこでもいいって考えなら入れるけど、希望の園に入れることは難しいみたい。

それに、最近は保育所だけでなく、幼稚園も働くお母さん向けに延長保育を頑張っているような印象。
再就職を踏まえて幼稚園選びをしているママさんたちも結構多いみたいですよ!
www.kosodate-raku.com

多様な保育施設

私が体調が悪いときは娘が一時保育にお世話になりました。

それだけでなく、病児保育も充実しているみたい!各区にひとつは設置されています。
北九州市の病児保育は小児科と併設されているので何かあった時も安心です。

子育て支援施設がいっぱい!

確かに元気のもりや子どもの館はクオリティは高いかも!


f:id:chiitakachiitaka:20180821214301j:plain

赤ちゃんと大きい子のスペースが分けられているので安心して遊ばせることができます!

そのほかにも、無料で遊べる子育てスペースが区役所や市民センターの中にあって、各家庭それぞれに行きつけの施設があるみたい!

特に平日は未就園の小さな子とママたちがいっぱい!たくさん遊んで、大人との会話もできてママもリフレッシュになりますよ!

児童館もおもちゃやイベントがいっぱいで楽しい!こちらはどちらかといえば大きい子向けかな?

我が家も暇なときにあちこと行って遊んでいます。

赤ちゃんの駅があちこちに!

赤ちゃんの駅には、パパも利用できるおむつ換えスペースがあるところがあるのがありがたいです!

ミルク用のお湯が用意されているところもあります。

赤ちゃんの駅を 全国で初めて民間事業者と協力して赤ちゃんの駅事業を開始したのが北九州市なのだそう!
確かに古い商業施設でも赤ちゃんの駅だけ新たに設置していることが結構多い気がします。

今では市内424か所に赤ちゃんの駅を設置しているとのこと!これなら子連れのおでかけも安心ですね

子育てしやすい環境って?

以上、子育て環境ランキングで評価された点をまとめてみました。

住む場所を決めるときに、どうしても近所に公園があることとか小学校や中学校が近いとかそういうことを考えがちです。

でも、医療体制や保育環境などの子育てのベースとなる部分もしっかりと考えていきたいものですね!