元保育士ママちいたか先生の子育てがちょっとラクになる話

子育てが楽しくラクになるヒントを紹介しています。

子どもの味覚を育てる減塩生活!

スポンサーリンク

料理は苦手で食事にも無頓着な私に、腎臓がひとつしかない息子が生まれてきました。

2歳前の息子はまだまだフォローアップミルクが大好きで、食べる量は少なめ。

新生児の頃から総合病院にて子どもの腎臓を専門としている医師にかかっていますが、今のところ食事制限のようなものはありません。

でも、自分のやり方で本当に大丈夫なのかとかえって不安で。

www.kosodate-raku.com

そんなときに受けた一歳半検診。

検診や風邪をひいたときには、近所の小児科の先生に診てもらっています。

その先生からこんなお話を聞きました。


★もくじ★

大人になって食習慣を変えるのはしんどい!

子どものときは健康でも、大人になって年をとるうちに、
腎臓が悪くなったり高血圧の治療が必要になったりすることがあるかもしれません。

そんなときに味の濃いものに慣れていると薄味の食事に変えていくのは結構つらいものなのだそう。
なので、子どもの頃から薄味に慣れておく方が病気の予防にもなり、本人のためにもなると言われました。



確かに薄味に慣れておけば、自然と塩味や濃い味に抵抗が出てくるはず。

そういえば、私も子どもの頃は給食でも汁物全般は苦手でした。

理由は辛くて喉が乾くから。

今になって考えると、そうした好き嫌いも私の感覚も
健康のためには悪くはなかったのかもとさえ思えてきます。

和食は塩分が多い!

和食は健康的というイメージがありますよね?海外でもブームになるくらいですし。

ですが、塩分量の観点から言うとそうでもないみたい。

醤油や味噌で味付けをするわけですから、そうなるのも当然なのですが見落としがちな事実です。

パンや麺類にも塩分は入ってる!

先生から塩分量早見表をもらいました!


パンや麺類など毎日食べるような身近なものにも塩分が結構入っていることに気付かされます。

そう考えると、白ごはんって最強!なんて思いがちですが、だからこそおかずや汁物の味が濃くなりがちなのかも!
そういえば、子どもって白いごはんよりもパンや麺類の方が好きだったりしますよね?うちの息子はそうめんが大好きです。

もしかしたら、その絶妙な塩分を感じているのかもしれませんね。

加工品も控えよう!

具体的には、ウインナーとかハムとかベーコンとかですね。
魚類のかまぼこやかにかまなど、練り物系も控えるように言われました。

塩分摂取量の目安は?

健康な大人で1日7グラムほどなのだそう。

2歳くらいの子だと3グラムほどとのことでした!

こうして調べてみると、改めてこんなに少なくしなくちゃいけないのか!と驚かされます。

我が家で気をつけていること

とはいえ、私も料理が苦手なのですぐには変えることができなくて。

でも、簡単なことから、思いついたことから、できることからはじめました!

減塩の調味料を使ってみる

まず、醤油と味噌などの調味料から変えるようにしています。
ひとつの商品がなくなったら、次のものを購入するタイミングで、減塩のものはないかを探すようにしています。

いまのところ変えたのは、味噌と醤油とコンソメとうどんスープと顆粒だし。
探してみると結構いろいろあるんです。

醤油は九州産の甘い醤油で減塩のものを探しているところです。

醤油よりめんつゆを!

冷奴などに醤油をかけるときには、代わりにめんつゆを使うようになりました。

むしろ今ではめんつゆの方が出汁がきいててお気に入りです!

私が卵かけご飯を食べるときにもめんつゆです!

下味をつけるよりも後から足すように

これは夫のおかあさんに教わりました。その方が少ない量で塩味が感じられるとのこと。
これなら大人と子どもで味を変えるのも簡単ですね!

マックのポテトも減塩

注文の時に伝えたら塩少なめにできるのを知ってからそうするようになりました!
ドライブスルーの注文画面にも「シオスクナメ」と書かれていたので、どこのマクドナルドでもしてくれるはず。

このような対応は嬉しいですね!

パンや麺類も減塩のものを!

下の子が好きな食パンやそうめんも減塩のものを買うようになりました!

できればご飯を食べてくれるのがベストなのですが、うちの子はまだ、あまり食べてくれないのでこうしています。

こんな風にベストは求めすぎず、無理なく続けられることから少しずつはじめていくつもりです!


出汁にこだわってみる!

市販の顆粒だしって結構塩分が入っているらしい。

今は減塩だしを使っていますが、本当は自分でとった方がいいのだろうなとは思っています。

味噌汁にしめじ!

とりあえず今は味噌汁にしめじをいれることで顆粒だしを控えるようにしています。

しめじから旨み成分が出て美味しくなるとのこと!子どものころに母がそう言っていたのを思い出してつづけています。
息子もしめじが大好きみたい。

味噌汁から手で摘んでとって食べてます苦笑

少食の子がモリモリ食べてくれると嬉しいものですね!

生協の宅配で安心な食品を探す!

無塩のベーコンや加工されていない冷凍野菜をメインに購入しています!
また、子ども用の食品や離乳食も豊富でとても便利です!


減塩の調味料も豊富に取り扱っているみたい!これから試してみたいと思っています!

食生活を変えて変わったこと

まずわたし自身のことなのですが、幕の内弁当の焼き魚を塩辛く感じて残してしまいました。
今までそんなことなかったのに。

こんな風に塩分のあるものを辛いとか味が濃いとか感じることができるように味覚を育てていきたいものですね!
子どもたちはというと、
マクドナルドの塩少なめのポテトはあまり食が進まないみたい。

今までは上の子がガツガツ食べてて、下の子も少量ですが美味しそうに食べてて、なんだかわたしも罪悪感を感じつつ少し心配でした。

今では塩少なめで食べる量も減らせたので少し安心しています。

今のところの変化はわずかなものですが、少しずつ家族みんなで食習慣を変えていけるといいなと思っています!

味覚を育ててあげられるのは私だけかも?

なんて言っては大袈裟ですかね?でも、幼少期の今、食事を作って与えているのはわたしですから。

そのことに気づいてからは責任を感じている部分もあります。まぁ、プレッシャーともいえますが。

とはいえ、もし、うちの子が健康な子ならここまで感じなかったかもしれませんね。

なのでみなさんは私ほどは気負わずに。

探してみると結構「減塩」とか「無塩」とか書いてあるものってあるんですよ!


もし気になるようだったら、できそうなことから工夫してみてくださいね!

最後にこのような記事もありますのであわせてごらんくださいね!

www.kosodate-raku.com