元保育士ママちいたか先生の子育てがちょっとラクになる話

子育てが楽しくラクになるヒントを紹介しています。

「ふわふわとおせんぼ」で家事も育児もラクラクに!

スポンサーリンク

以前こちらの記事にも書いたのですが、我が家は今まさに大変な時期でして、
ちょっとしたトラブルにもてんてこ舞いになってしまう状態なんです。

www.kosodate-raku.com

子どもたちのためにも、自分のためにも今置かれている環境を変えていかないと!と思い、「ふわふわとおせんぼ キッズセーフ Lサイズ 」の購入に踏み切りました!

設置してみたところ、これがなかなか良かったので紹介します!

★もくじ★

「ふわふわとおせんぼ」とは?

子どものためのスペースを作るベビーサークルともちょっと違う。

キッチンや階段などの危険なところへの侵入を防ぐベビーゲートともちょっと違うような。

家の中に設置する仕切りというか柵というかそのようなものです。

大人は跨いで通って!

ベビーゲートのように開閉できるものではないので、跨いで通るしかありません!

一見、通りにくいような気もするのですがいいこともあります!

開閉式のベビーゲートって長年使っていると壊れやすくなってきませんか?

我が家のはふたつともガタが来ていてそれが結構ストレスで!

ちょっとぶつかっただけで傾いてしまったり、ストッパーの部分が壊れて閉まりにくくなったり。

子どもが通れなくてガチャガチャしがちなので余計に壊れやすくなりますよね?

その点、こちらはシンプルな作りなので壊れにくそう!

高さも60センチということで、大人がまたごせるけど子どもは乗り越えられない絶妙な設計になっています!

突っ張り棒のように設置するだけ!


設置方法はとっても簡単!ポールを組み立てて、ネットに取り付け、最後に上下のポールを突っ張り棒と同じ要領で取り付けるだけ!

ねじや粘着テープを使わないので壁を傷つけなくて済みます!

我が家の場合は設置幅が165センチと広かったのでパパにお願いしましたが、小さいものなら女性ひとりでも簡単にできるかと!

子どもが寝静まっているうちなら落ち着いて作業ができますよ!

設置幅に合わせてサイズが選べる!

高さは60センチで共通なのですが、設置幅によって3パターンあります!

Sサイズ・・・65~90センチ

posted with カエレバ

Mサイズ・・・90~135センチ

posted with カエレバ

Lサイズ・・・135~185センチ

posted with カエレバ

小さいものならカウンターキッチンの横や階段の前に、大きいものなら部屋の仕切りのように使うことも!

これはいろいろな場所に使えそうですね!

ちなみに、我が家はふわふわとおせんぼ キッズセーフ Lサイズ を使用中!

和室とリビングの間に設置しています!

設置してよかったこと!


ふわふわとおせんぼ のおかげで、家事や育児がずいぶん楽になりました!

掃除機がかけやすくなった!

今までは下の子が掃除機を追いかけてくるので、なかなか掃除がはかどりませんでした。

なので、子どもがパパと出かけている間やお風呂に入っている間に急いでかけていました。

今ではタイミングを気にすることなく掃除機をかけられるようになりました。

その間、子どもたちにはとおせんぼの向こうで遊びながら待っててもらっています。

吐いたときやお漏らししたときの対応がラクに!

嘔吐物や排泄物の処理をしているときに近づいてこられては汚れが拡大してそれが感染のもととなってしまいます。
https://www.kosodate-raku.com/entry/2018/08/08/080940www.kosodate-raku.com

そんなときもさっと子どもたちをゲートの向こうに避難させて処理をできるので、短時間で片付くようになりました!

寝具の洗濯もラクに!

我が家はリビング横の和室で家族みんなで寝ています!

今まではシーツ交換していると子どもたちが布団の上にやってきて邪魔をするのではかどりませんでした。

ですが、今は子どもたちが入ってこられないところで作業しているのであっという間に終わります。

布団乾燥機や布団掃除機を使っているときにもいいですよ!

ちょっと目を離すときでも安心!

うちの1歳半の息子はとにかくやんちゃです苦笑

最近のいたずらでは、

リビングのテレビの裏側に侵入したり、空気清浄機を倒してその上に立っていたり
椅子を運んできてカウンターキッチンに登り、さらに乗り越えてキッチンに侵入したり。

なんかもう、娘の頃には考えられなかったことをしでかすんです!

それが、私が最近何かと忙しい1番の原因なのかも?と思うくらい。

いろいろと対策はしているのですが、それでは間に合わなくて。

www.kosodate-raku.com

ちょっとトイレや風呂の掃除をするとか、洗濯を干すとか、玄関先で来客の対応をするとか、そういうことが落ち着いてできない状態でした。

途中で様子を見に行ったり、連れてきて様子を見ながら作業をしたりするのも非効率。

かといって、子どもが寝ている間にまとめて家事をするのも私の主義に反する!

www.kosodate-raku.com

だって子どもが寝ている間くらい家事から離れてのんびり過ごしたいですよね?

今はふわふわとおせんぼ の向こうにいてもらうだけで家事に専念できるから、その分短時間で終わります。

子どもを叱らなければならない場面が激減!

上記のような場面ではもちろん叱ります。だから一日中叱ってます。

ですが、相手には伝わっているのかいないのか。口で言って聞く子ではないのは確かです。

ふわふわとおせんぼ を設置してみて、
こちらが焦ったりイライラしたりすることもずいぶんへりました。

今までと比べると、少しは余裕を持って育児を楽しめるようになったかな?と感じています。


上の子のことを尊重できる!

これも購入に踏み切った理由のひとつ!

娘は下の子が邪魔ばかりして自分の思うように遊べないみたい。

積み木は壊されるし、折り紙はぐちゃぐちゃにされてしまいます。

はさみやのりを下の子の前で使うのも危険なので禁止せざるを得ませんでした。

ですが、上の子にも自分で遊ぶ中で集中力を養ったり達成感を味わったりしてほしい!

そんな思いが私にはありました!

上の子が誰にも邪魔されずにじっくりと取り組めるスペースを作ってあげたいなぁと前々から思っていたことが、ふわふわとおせんぼ キッズセーフ Lサイズ のおかげで実現しました!

きょうだいゲンカも減りました!

このようにそれぞれのスペースができたことで衝突することも減ったように思います。

こんな風にきょうだいが一緒に遊んだり別々で遊んだり両方できるのもいいものですよ!

「ふわふわとおせんぼ」と「らくらくとおせんぼⅡ」の違いは?

ちなみに似たような商品でらくらく とおせんぼ2というものもあります。

その違いがなんなのか私にもピンとこなくて、結局安かった「ふわふわとおせんぼ」の方にしてしまいました。

のちに公式サイトでよくよく調べてみると、このような違いがありました!

「ふわふわとおせんぼ」はポールで頭を打っても痛くない!

ふわふわとおせんぼ キッズセーフ│ベビーゲイト│日本育児:ベビーのために世界から
骨組みがプラスチックなので、ぶつけたら痛そう。
なので、頭をぶつけやすい上の部分にクッションが入っています!
これならまだ不安定な歩き方で転んでしまってもあまり痛くなさそう。

少し大きくなってからも、走り回って勢いよくぶつかっても大丈夫そうですね!

「らくらくとおせんぼⅡ」は高さ調節が簡単にできる!

らくらくとおせんぼII らくらくとおせんぼ2│ベビーゲイト│日本育児:ベビーのために世界から

突っ張り棒が上下についているような構造なので、高さを調節するときにわざわざ取り外すのは面倒・・・

ですが、こちらの商品の場合は、ポールを外さなくても2段階の高さ調節ができるようになっています!
構造を見てみると、ネット部分に伸縮性があるのと、上のポール部分が可動式になっているようです。

成長に合わせて調節できるのはもちろんのこと、大人が足でまたぐときだけ低くしてもよさそうですね!

子育てはラクしたっていい!

こういう家事や育児に便利なものを取り入れたときにいつも思うのが、もっと早く買えばよかった!というちょっとした後悔。

ラクをすることで家族みんなが楽しく笑顔になれるならそれが1番です!
これからもいいものはどんどん取り入れていきたいな!と思いました。

我が家のようにいたずらっ子に困り果てつつ、家事や育児に追われているあなたにオススメしたい!そんな商品でした!
私も子どもの夏休みと夫の仕事の繁忙期による慌ただしさをなんとかこれで乗り切れそうです!

最後にこのような記事もありますのでよかったらご覧くださいね!

www.kosodate-raku.com

www.kosodate-raku.com