元保育士ママちいたか先生の子育てがちょっとラクになる話

子育てが楽しくラクになるヒントを紹介しています。

出産でもつわりでも!医療保険が適用になった!

スポンサーリンク

私は2人出産しましたが、どちらも保険金が降りました!ただ産んだだけなのになんだか得した気分!

今日は医療事務の知識も交えながら出産も適応になる医療保険について紹介します!

★もくじ★

私が入っている医療保険

県民共済の総合保障2型に医療特約をつけています。

月々3000円で、年に一度8月には割戻金が8000円ほど返ってくることも!

保障内容についてはこちらを参考にされてくださいね!
共済・県民共済の全国生協連 公式ウェブサイト

退院時に領収書を見てみよう!

出産一時金で賄えるから大丈夫!なんて思わずによく見てみましょう。

「保険」とか「保険適用」とか書いてある欄があるはず。

その明細として、初診料とか再診料とか投薬とか注射とか書かれている欄に
点数や金額が記載されていませんか?


私の領収書だと写真の左側の欄になります。


ここに記載があるということは産婦人科で何らかの治療を受けたということになります。

これは、医療保険で保険金が受け取れる可能性があるということ!

帝王切開ならまだしも、自然分娩なのになんで?と思われるかもしれません。

出産のときに会陰切開はしませんでしたか?吸引分娩は?
ちなみにつわりで入院したときも保険金がもらえましたよ!

保障内容によっては入院費用よりも多く返ってくることも!

お金がかかる時期なので助かりますね!

請求方法は?

  1. まずは保険証券を用意。
  2. 問い合わせ先に電話して請求手続き
  3. 送付された診断書をもって産婦人科へ
  4. 後日、記入された診断書を受け取る。
  5. 必要事項を記入して投函する。
  6. 保険金が振り込まれる。

このような流れでした。

さて、保険金の総額は?

記憶が曖昧なのですが、だいたいこんな感じでした!

  • 出産時の会陰切開と吸引分娩

入院一時金 2万円
病気入院5日間 2万2500円

  • つわりで10日ほど入院

入院一時金 2万円
病気入院10日間 4万5000円

  • 産後、ストレス性胃腸炎になり退院を延期

入院一時金 2万円
病気入院7日間 3万1500円

こうして振り返ってみると2人産んだだけなのに、15万円ほど!

結構返ってきてました!

家族が増えたら保険の見直しを!

我が家も1人目の妊娠中に保険の見直しを行いました。

保険相談の窓口でアドバイスをもらい、夫の生命保険と医療保険を手厚くすることに。

ただ、妊娠中にママの医療保険を見直そうとするときには注意が必要とのことでした。

妊娠中は医療保険を解約しないように!

妊娠中に新たに医療保険に加入すると、妊娠出産にまつわるトラブルが保障の対象外となることがあるそうです。
なので、出産の際には、妊娠前から加入している医療保険で保険金を受け取ってから解約したほうがいいとのことでした。


出産を終えて子どもの医療保険に加入するときに、ママの医療保険も合わせて検討すると効率的かもしれませんね!

受け取れるといいなぁ!

これから出産される方は保険証券の用意を!

すでに出産された方は保険会社に問い合わせてみると、いいことがあるかもしれませんね!