元保育士ママちいたか先生の子育てがちょっとラクになる話

子育てが楽しくラクになるヒントを紹介しています。

子育てが大変な時期は「大」きく「変」わるとき

スポンサーリンク

昨日は朝から娘が布団で嘔吐しまして、久々にてんてこ舞いな1日でした。

私自身も、もともと風邪気味だったのと、頭痛のひどい時期だったこともあり、うまく立ち回れませんでしたね。

こんな大変だった日には、タイトルの言葉を思い出します。

結婚準備で慌ただしかった私に母がかけてくれた言葉でした。


★もくじ★

我が家が「大」きく「変」わったこと

そういえば先週から人事異動のため、夫の勤務時間が変わりました。

出勤時間は子どもが起きる1時間ほど前に、帰宅時間は子どもが寝る1時間ほど前になりました。

それからしばらくの間、夜勤もないとのこと。

それにともない、日中、車が使えなくなってしまいました。

また、上の子の夏休みが始まって一緒に過ごす時間が増えました。

もうひとつ付け加えれば、妹が出産して赤ちゃんと一緒に実家に里帰りをしています。

ふりかえってみると、こんな小さな変化が重なって、私の生活に「大」きな「変」化をもたらしていたのかもしれません。

生活を「大」きく「変」えよう!

この大変な時期を乗り切るために、今の生活を見直してみることにしました!

まずは布団で吐いてしまったときの対策をすることに!
先日大変だったので・・・
洗濯しやすい布団に買い替えて使い捨ての防水シーツを併用することにしました。
こうすることでおねしょ対策にもなり、万が一の時の洗濯の負担が減らせそうです。

それから嘔吐事件の際、下の子が布団に近づいてきて片付けが大変だったので、ベビーゲートかベビーサークルを導入しようと検討中。
最近いたずらが過ぎて危険なのと、悪気なく娘の遊びを邪魔してしまいがちなのも悩みだったのでこれで少しはラクになりそうです!

子育ての大変な時期を乗り越えよう!

夫の勤務時間や子どもの夏休みは変えられるものではありません。

ですが、身近なところならなんとか変えていけるかもしれません。

子育ての大変な時期に向き合うためにも、生活全体を見直してラクになるところは変えていけるといいなと私は思っています。

この大変な時期を「大」きく「変」わるキッカケにして、家族みんなで穏やかに過ごせるように生活を変えていきたいものですね!

私も家族と一緒にもう少し頑張ってみます!