元保育士ママちいたか先生の子育てがちょっとラクになる話

子育てが楽しくラクになるヒントを紹介しています。

ミルクしか飲まない!母乳しか飲まない!心配なときの対処法

スポンサーリンク

まさに我が家の下の子がそんな状態でしたが、最近になってやっと飲んでくれるようになりました!

これで1日5回のフォローアップミルクも減らせそう。(パッケージには1日2回って書いてあるんです。)
それにともなって食事の食べる量も増えてくれるといいな!と思っています。

そして何よりこの季節は脱水が心配で。
かといってジュースを与えるのは虫歯が心配ですから、やはり麦茶や湯冷ましを飲んでほしいものです.

chiitakachiitaka.hatenadiary.com

そこで今回は我が家が子どもたちに試してきた方法を紹介します。

★もくじ★

いつからはじめたらいいの?

うちの子たちの場合は月齢については難しく考えずに授乳量や離乳食の進み方、季節などで判断して始めたり中断したりしていました。

上の子のときは母乳とミルクの混合だったので、一歳前の夏頃に母乳をやめたタイミングで始めました。結構すぐに麦茶を飲んでくれるようになり、さほど苦労しませんでした。

ただ、下の子のときは苦戦しました。

始めた時期は1歳になってからで上の子と同じくらいだったのですが、いろいろ試してみてもうまくいかず。
あれこれやってみたり中断したりを繰り返してきました。

もうすぐ2歳になる今になって、ようやく湯冷ましが飲めるようになってきました。

こうして振り返ってみると、やはり月齢というよりも喉が乾きやすい夏の方が上手くいきやすいのかなぁと感じています。

ミルクを飲むストローマグに入れてみる

まず、虫歯対策のため1歳前に哺乳瓶はやめてストローマグを使うようにしました。

そしてその中身を麦茶に変えてみたところ、上の子はこれだけであっさりと飲めるようになりました。

下の子は最初の頃は珍しがって飲んでくれていましたが、数日後にはミルクでないことが分かると飲まなくなってしまいました。

そこで、以下のことも試してみました。

コップに入れてみる

こちらもひと口ふた口は飲んでくれるのですが、少し目を離すとコップに手を入れて水遊びになってしまい、失敗に終わりました。
大人が少しずつ飲ませてあげるならこれでもいいのかな?っといった印象でした。

麦茶を薄めてみる

もしくは湯冷ましにしたりして味を変えてみましたが、こちらも上手くいかず、失敗に終わりました。

ですが、飲みやすい味を研究してみると飲んでくれることもあるかもしれません。

ペットボトルで飲ませてみる

というのが、下の子がどういうわけかペットボトルで遊ぶのが大好きなんです。大事そうに持ち歩いたり、ふたを閉めたまま飲む真似をしたりするのが楽しいみたい。
だから、直接口をつけて飲ませてみたりストローを取りつけてみたりして挑戦してみました。

こちらも少しだけ飲んであとは水遊びになってしまうので断念しました。

紙パックの麦茶を飲ませてみる

赤ちゃん用のこうした麦茶を買ってみました。丸い紙パックは強く握っても潰れてこぼれてしまうことがないので安心です。
こちらはどうにかこぼすことなく飲んでくれました!なので、お出かけの時にはこちらに頼ろうと思っています。

湯冷ましに氷を入れてみる

ストローマグに入れて与えてみたところ、全部飲んでしまいました!

暑がりのうちの子にとっては冷えている方が飲みやすかったみたい。

常温だと全然飲まなかったのにビックリ!とりあえずこれで様子を見てみようと思っているところです。

少しずつ慣れて、氷がなくても飲めるようになってくれたらいいなと思っています!

牛乳にしてみたら?

保健師さんに相談してみたところ、このように言われて目からうろこ!
確かに!どうして今まで気がつかなかった!1歳を過ぎたら牛乳を与えてもOK!とのことでした。

ということで、氷水を嫌がるときは牛乳にしてみました!すると、あっさりフォローアップミルクを卒業!

いやぁ・・・何事も相談してみるものですね!

子どもにハマる方法を見つけていこう!

いろいろ試しているうちに子どもも味に慣れてくるだろうし、きっとしっくりくる方法が見つかると思います!

上手くいかないときには中断したり、良さそうな方法があったら再開して試してみたりしながらのんびりと進めていきましょう!

それまでは母乳やミルクをしっかりと飲ませて脱水にならないように気をつけていきましょうね!