幼稚園探しのポイント

前回の続きを書いていきますね!
chiitakachiitaka.hatenadiary.com

今回は私が幼稚園選びで重視したポイントを紹介します!

★もくじ★

園の特色にあっているか?

私たちが選んだのは、英語やスイミング、体操教室などを専門の外部講師を呼んで保育に取り入れている園。

子どもが園でいろいろな体験をすることで、自分の好きなことを見つけて欲しいというのが1番の理由です。
他にもそれぞれの幼稚園には特色があります。

  • モンテッソーリ教育の園
  • 園外保育が多い園
  • 食育に力を入れる園
  • 柔道などスポーツに力を入れる園
  • 少人数のアットホームな園
  • 何にでも全力!!厳しめの園
  • 働くママさん向けの園
  • マーチングがある園


こうした特色が我が子にあっているか、また自分たちの教育方針にあっているかを考えてみるといいかもしれません!

先生たちの目が行き届いている園って?


子どもの人数にに見合った先生の人数が配置されていることはもちろんですが、実情はそれだけではないかと。

まず前提として、先生方は子どもたちのために日々頑張っています!

ただ、とっても忙しいです。

特に私が働いていた園は事務員も用務員もいなかったので、あれもこれも担任がやっているという状態でした。

たとえば、畑仕事に時間と体力をとられていたり
園外保育や行事の多い園は保育時間中もやたらと時間と準備に追われてバタバタしていたり。

もしわが子を幼稚園に入れるのなら、畑はプランターでいいし、忙しすぎるほどの行事もなくていい。

普段の保育の中で、挨拶や返事、履物を揃える、お友達との関係を作っていくというような基本的なことをもっと大事にしていってほしいなぁと思ったものです。

特に幼稚園の先生ってお若い先生が多い。それだけ入れ替わりが多いものなんです。

新人の先生たちが成長して、保育内容も充実していって畑が広くなり、園外保育や行事も増えていって。

で、その先生たちが続々と退職したときに、それをうまく次の新人たちで引き継げるのかというと私たちのときは難しかった!
それについていけなくて、一斉に3人の先生が辞めてしまったこともあります。
そのあたりを考えてくれる園長先生ならいいのですが、なかなかね・・・

だからこそ、手広くやり過ぎてるように感じるところは私は避けました。

このように先生たちが忙しすぎると、そのぶん子どもたちに目が行き届かなくなる部分もあるかと思います。

その点で言えば、外部講師に来て指導してもらえると担任の先生はそのサポートにまわるので、いつもとは違う角度から余裕をもって子どもの姿がみられるようになるという利点もあります。

普段の保育の中で先生たちがのびのびと子どもたちと過ごしているかどうか、見学のときには注目してみてくださいね!

自分の知り合いとの関係は?

私の場合はまず、同期が働いていない園を選びました。なんかお互い気恥ずかしいのでね。

それからご近所さんの中で誰がどこの園にいるのかも一通りチェックしました!

ママ友関係で仲がいいところほど揉めてしまったときに大変そうだったのを仕事でも目にしてきたからです。

そうなるくらいなら、あまりよく知らないママさんたちの間に飛び込んでいった方がトラブルになりにくいのでは?と個人的にはそう思っています。

あと、悪口が多いママさんがいたら確実に避けてました。トラブルの匂いがするので!

保護者の雰囲気を知るには?

園行事を見にいくと保護者の服装や髪型や年齢層から何となく分かるかと!

私はあまり気にしませんでしたが、気になる人は運動会を覗いてみるといいかもしれませんね。

直感的なものも信じてみて!

これは何となくなんですけど、保育業界の人って一般社会で働いている人から見ると独特というか変わっている人もまぁまぁいます!家族経営とかだと特に。

それだけに、会話が一方通行で「ん?こっちの話聞いてる?」と感じたり、
我が子の先生に対する反応がなんかイマイチとかそういう直感的なものは案外間違ってないかと。

なので、こういうのも判断基準としてアリだと思います。

ちなみに私も案内してくれた先生が話しやすかったことと子どももその先生に懐いてたこともあって、今の園に決めました!

みんなちがって、みんないい!

それぞれに特色はありますが、基本的にはいい幼稚園ばかり!
だからこそ、選ぶときに悩んでしまうんですよね?

ただ、なんかこの幼稚園と合わない。居心地が悪いっていうのはあるかもしれません。

それは先生たちにもあります。他の園に転職したら働きやすくなったって先生もいるくらいですから。
なのでそのあたりを上手いこと見極めて、楽しい幼稚園ライフを送りましょうね!

最後に幼稚園関連の記事は他にもありますのでぜひ!

chiitakachiitaka.hatenadiary.com
chiitakachiitaka.hatenadiary.com