育児中の肌トラブルを何とかしたい!

育児中の肌荒れの理由。

ここ1ヶ月ほど、子どもの看病生活が続いていたせいか肌荒れがひどくて。

夜泣きにも付き合ってたし、病院続きで料理もできず、お惣菜の揚げ物や内食も続いてたからなぁと反省。

胃の調子が悪かったのもそのせいかも。

それに、最近は暑くなって汗をかくようになりましたし、さらに生理前のホルモンバランスの乱れのせいか皮脂が多くてベタベタするしで不快な状態。

頰から顎にかけてのニキビも痒みがあって気になっています。


★もくじ★

まずは生活を改善

子どもたちの体調が良くなって、

  • 子どもと一緒に寝て睡眠不足を解消!
  • メイクはすぐに落とす
  • 食生活に気をつける


というように生活改善をしてみているところに、今度は下の子の突発性発疹。
これではまた不規則な看病生活に逆戻り。もう治る気がしない・・・

スキンケア用品に頼ってみようかと!

とはいえ、大人ニキビ用のスキンケア用品を使うのは初めてで。とりあえず、まずは情報収集をすることに!
その中で、 こういうのを見つけて試してみたところ・・・ORBIS【たった1分でわかるニキビチェック!】

結果は生理前のニキビとのことでした!
つまりホルモンバランスが乱れてるってことみたい!
他にも大人ニキビにはストレスや生活習慣の乱れなどの原因があるとのことでした。

3週間のお試しセットを見つけた!

無料のサンプルってよくあるけど、一回使っただけではなんとも。

でも、3週間使い続けるとなると効果が分かりそう!
もともと旅行用のミニサイズのスキンケアセットを買って使ってみるのが好きなので、
今回はこちらを注文してみることにしました!
薬用 クリアトライアルセット

まずは洗顔から!


普段はメイク落としぐらいで洗顔料は使わないもので。その方が肌の調子がいいんですよね。実際。

ですが、汗をかく時期や皮脂の分泌多いときには洗顔料を使った方がいいとのこと。

なので、朝メイクする前に使ってみました!

一晩かいた寝汗や皮脂が取れてスッキリ!

ゴシゴシこすらなくても泡をフワッと乗せた程度でもスッキリ落ちた感覚がありました!かといって、肌がピリピリしたり乾燥したりすることもなく快適で。
この使用感を感じてしまうと、やっぱり朝の洗顔に洗顔料は必要だなと感じて反省しました。

化粧水はサッパリ!

まず、香りは消毒されているようないかにも効果が高そうな香りで個人的には好きでした!
そしてやっぱり今まで使っていたもしていましたのに比べるとサッパリ!

なので、はじめのうちは入浴後は洗面所に立つたびに保湿してました。
こんな風にこまめに保湿するのは肌にしっかり浸透していいとエステの人に聞いたことがあるので、普段私もそうしているのですが、
何回も保湿するごとにどんどん肌が潤ってきて、4回ほどつけるとしっとり私好みの使用感になりました。

翌朝まで潤いが続いて、おかげで気持ちよく寝られました!

乳液かと思ったら

透明な美容液でした!伸びがよくてサッパリめ。皮脂の多い肌にはこれくらいのサッパリさがいいのかぁとしみじみ。

とはいえ、しっかりフタは出来ていて、朝まで潤いを保ってくれていました。

脂性肌の人って乳液やオイルが苦手な方もいますよね?私も若い頃はそうだったので、わかります。

でも、これならべたつかないのに潤いをちゃんとキープしてくれます。
それがなんだか不思議な感覚でした。

生理予定日1週間前からでも!

今回はもうすでにニキビができてしまったあとだし、あまり効果は感じられないかもと思っていました。

が、翌日から意外にもニキビの赤みが抑えられ、メイクをしてもヒリヒリしませんでした!
これだけでもとても快適でストレスひとつがなくなりました!

使い続けているうちに、肌に馴染んできたのか浸透もどんどん良くなってきて重ねづけもしなくてもよさそうなくらいになりました。

そして、前回の生理前よりもニキビも減りましたし、赤くなったり膿がたまったりすることもなくなりました。

お値段も1500円位で、以前使っていたものとあまり変わらないし、これなら生理前のお守り代わりに持っておきたいと思っています。

若いころのニキビケアに効果を感じられなかった方も

私自身もそうだったので諦めかけていましたが、試してみてよかった!
私の知らないうちにニキビケアも進歩していたのねとしみじみ。

わが子がニキビで悩むお年頃になっても、私たちのころよりもいろいろ期待できそうです!

自分に合ったケアを!

産後の肌の不調期からいろいろと試してきましたが、自分のあったものを見つけると日常の小さなストレスも減って楽しく過ごすことができるものですね。

オルビス公式サイトTOPページ

健康管理と同じように、お肌のことも気にかけてみてくださいね!