元保育士ママちいたか先生の子育てがちょっとラクになる話

子育てが楽しくラクになるヒントを紹介しています。

子どもの風邪がうつらないようにする方法

スポンサーリンク

先月の終わりから姉弟揃って40度近くの熱を出し、上の子は中耳炎を併発、下の子は総合病院で要検査。


そして最後には私にもうつってしまい、結局週に6回も病院に行く羽目に。

いつもはパパだけ風邪をもらって、私はもらうことなく元気なのなぁ。

今回は対策が甘かったなぁと反省。

そんな私がいつも気をつけていることを紹介します!

手洗いうがい そして マスク

これはもう定番中の定番ですが、病院に行くときは特に気をつけています。
忘れたらわざわざ購入してでも病院にはマスクをしていくようにしています。

鼻水を拭いたら手ピカジェル

本当は手を洗いたいけど、いちいち手を洗ってたら大変!こういうときに大活躍なのは手ピカジェルです!

黄色いの初めてみました!こっちのが効きそうだから早速調達しておこう!

今回はこの消毒をサボってたから、見事に風邪をもらってしまいました。やっぱり効果があるんだなぁと実感。

仕事をしているときにこういうのを使ってたらよかったなぁと思うくらい、効果を感じているので、これはオススメしたい!

吐いたらハイターで消毒を!

覚えやすいでしょう?アルコールの方が手軽ですが、嘔吐物の菌を死滅させるためにはやはり塩素消毒でないとダメらしい。

ハイターを薄めて床を拭くのは保育の現場でもやっていること!それができないものは熱湯消毒で対応しています。

ちなみに哺乳瓶消毒のミルトンも使えますよ!哺乳瓶に使えるくらいだから安心して使えますね!

自分にあった栄養ドリンクと風邪薬を!

喉が痛い!寒気がするかも!そう感じたときに、とにかく早めにしっかり対策すると案外すぐに治るものです。

ちなみにわたしはパブロンにお世話になっています。
私にはあっているみたいで、これを飲んでしっかり寝ると、なんとか回復できるので常備してます。

それから、栄養ドリンクはいつでも飲めるノンカフェインにしています!疲れた時はもちろん、栄養補給のためにも箱買いしてます!

喉からくる人はスプレーがおすすめ!

私の場合は喉がやられて熱が出るパターンが多いので、少しでものどが痛くなろうものなら対策してます!

今回は仲良しの薬剤師さんに相談してこちらを使ってみることに!

痛み止め成分も入っているとのことでかなりラクになりました!

他にもトローチや塗り薬などもあるので、自分に合うものを見つけていくといいですよ!

食事が大事!

結局のところ、ここにたどり着きます。我が家の場合は子どもが風邪をひいたら、まず買い出しにいきます!
そして、子どもたちが食べやすいものをあれこれ買い込みます。

また、こういうときは自分たちのことが疎かになりがち!
なので、自分たちが看病の合間にすぐに食べられるものも買っておくといいですよ!

睡眠も大事!

こちらも基本的なことですが、子どもたちが眠ったら私たちもしっかり寝ましょう。
なぜなら、体調の悪い子どもは夜中に起きがち。そんなときは私たちもなかなか夜通し眠ることはできません。
睡眠不足で疲れてしまっては大人でも抵抗力は落ちてしまいます。
なので、こんなときこそ睡眠時間は少し長めにとるつもりでいるといいかと思います!

自分のことをおろそかにしないで!

ママが寝込んでも誰も看病してくれません。
それに家事や育児は待ってはくれませんから、寝込みたくてもなかなか休めません。
なので、ママさんたちは自分の風邪予防を優先してもいいくらいです。
しっかり予防して看病生活を乗り切りましょうね。

家族の健康に関してこんな記事もありますので、よかったらどうぞ。
chiitakachiitaka.hatenadiary.com