元保育士ママちいたか先生の子育てがちょっとラクになる話

子育てが楽しくラクになるヒントを紹介しています。

ちいたか家の安全対策

スポンサーリンク

いやいや、間違えました。安全対策というよりやんちゃな息子のいたずら対策ですね。

この時期はダメと言っても伝わらないし、もうほんとに手がかかります。

我が家では、息子の新しいいたずらが始まるたびに対策を講してきましたので、それを紹介していきたいと思います!


★もくじ★

いたずらその1 ドアを開けて脱走

これがなかなか大変で、どうしようか困り果てていたところ、お金をかけずに簡単にできるとてもいいアイディアを見つけました!

このドアノブのネジをはずして

上向きに取り付けるだけ!

たったこれだけで本当に開けられなくなって、息子は大号泣でした。

ちなみに3歳の娘には簡単に開けられるので、きょうだいがいても大丈夫です!

いたずらその2 ダイニングチェアに登ったり動かしたり

これも一時期悩みの種でしたが、結局我が家はこうすることに!

まず椅子を2つに減らしました!
ちなみに子ども椅子は使わないときは
キッチンのベビーゲートの向こうへ!

そして、ダイニングテーブルで椅子を壁際に押しつけて固定。

息子の力で無理やり動かせなくもないのですが、いたずらの頻度は減少。なんとかこれで防げています。

いたずらその3 上の子の遊びの邪魔をする

いつも邪魔される上の子がかわいそうなので、落ち着いて遊べるように。

わかりますか?ソファを和室の出入り口に移動して、向こう側へ行けないようにしてみました。

どちらがリビングでどちらが和室を使うかはケースバイケースでやってます。

これで兄弟2人とも自分のペースで過ごすことができて、ケンカも減りました!

ベビーゲートやベビーサークルで部屋を仕切ってあげるのもよさそうです。

これだけで随分ラクになる!

他にもいろいろやっています。

コンセントカバーで感電を防止したり、ベビーゲートで階段やキッチンに侵入しないようにしたり、
収納の中を荒らされないようにチャイルドロックをつけたり。

このあたりはどこの家でもやっていると思うので、今回は省略しました。

まぁ、こうしてみると、我が家はいたずら対策だらけ。

我が家全体を見渡すと、ずいぶんチグハグなインテリアに見えることでしょう。

ですが、私たちがやってみるたびに感じることは、育児もラクになるし、家事もはかどるようになります!

ちゃんと見張らないと!叱らないと!っていう緊張感から解放されるだけでも
心のゆとりが全然違います。


おしゃれな暮らしもいいですが、こんなラクな暮らしもいいですよ!