元保育士ママちいたか先生の子育てがちょっとラクになる話

子育てが楽しくラクになるヒントを紹介しています。

夜泣きが最近多い理由は?

スポンサーリンク

新生児の頃や夜間の授乳があるときはともかくとして。

今まで夜通しねていたのに、「最近よくぐずってるなぁ」「こんな早朝に起きなくても…」なんてこと、ありませんか?

うちの子たちもあります。1歳半の子はもちろん幼稚園児の子もたまにあります。

こどもたちを観察しながら原因と対策を探ってみました!

★もくじ★

季節の変わり目のせい

夜泣きは暑いとか寒いとかのサインということもあります。

なので、寝具やパジャマを変えたり、冷暖房で調節したりしてみると、朝までぐっすり眠れるようになることも。

体調不良のせいかも

咳が出たり、鼻がつまっていたりして眠りが浅くなっていることも。

うちの子たちの場合はソファに移動してクッションで上半身を高くして寝かせてあげると眠れるようです。

歯がむずむず

こちらの原因はよく観察していないと分かりにくいようです。
最近夜泣きが多いなぁと思ったら歯が生えてきたってこと、うちの子たちは結構あります。歯がむずむずして寝付けないのかも。
この対策については難しいですね。でも、こうして気づいてあげられるだけで、ママも気持ちの余裕が持てるのでは?

「そろそろ歯が生えてくるのかもねぇ。気持ち悪いねぇ。すかんねぇ。」なんていいながらあやしてみるとしましょう!

ママの存在確認

ふと目が覚めたときにママの姿が見えないと探し始め、見つからないと泣きだすパターンもよくあります。

なので、私も子どもが起きる気配がすると寝返りしたり子どもたちのそばに寝たりして自分の存在をアピールします。

するとママの姿を確認して案外泣きだす前に安心して眠ってくれることも。この場合は泣きだす前までが勝負かも。

お腹がすいている

知人の子が小児科の先生に枕元にバナナを置いておくようにといわれたのだとか。

このときはお腹が満たされるとすぐに寝てくれたそうですよ!

ちなみにうちの子は寝る前にフォローアップミルクをがっつり飲むので、生後7ヶ月ごろには朝までぐっすりな子でした。


3歳前までは保育所でも午前のおやつがあるくらいですから

体格や食べる量によっては食事だけでは足りないということもあるかもしれませんね。

そもそも子どもは眠りが浅い

結局のところこれに尽きると思います。
だから上にあげたようなことで目が覚めてしまうのかもしれませんね。

なのでパパさんママさんが余裕をもって対応できるようにこの時期は子どもたちが眠ったら家事はほどほどにしてどうかしっかり睡眠時間を確保してくださいね!