0歳児の寝かしつけの小ワザ


パパさんママさん お疲れ様です。

この時期だとまだ夜中に起きて授乳の毎日ですよね?


(特に6ヶ月くらいまでは)夜中に赤ちゃんが起きてるのは当たり前だと思いながら、パパさんママさんがリラックスして過ごしている方が案外寝てくれる気がします。
ちなみに私が下の子のときに夜間授乳の楽しみにしていたのは

録画したものを夜中の授乳中にまとめて見てました!1話終わらないうちに寝てしまって続きはまた次回ということも。

自分なりにリラックスして過ごせる方法を見つけてみてくださいね!


★もくじ★

膝立てゆらゆら

ママが体操座りのように膝を立てて、太もものところに赤ちゃんを乗せます。

太もものくぼみのところで頭をやさしく固定しつつ、やさしーくゆらゆらしてると、よく寝てくれていました。

これには市民センターやベビーマッサージの先生も驚いてました!

上の子も下の子も効果的だったのですが、うちの子だけなのでしょうか?

チャイルドシートだっこ

赤ちゃんをママの膝に座らせて、
両腕でチャイルドシートの肩ベルトのように支えます。手はオムツのあたりを持って固定していました。

そうして車の振動を再現するようにやさしーく揺らしているといつの間にか寝てくれます。

これはカフェなど椅子に座ってる時によくやってました!これもまた、保育士の友だちにもかなり驚かれました!

ママのお腹の上でうつぶせに!

上の子は夜泣きのあとなんかは、これでよく寝ていました。

母子が密着しているので、だっこひもでよく眠る子には効果的かもしれません。

流れとしては、

  1. 赤ちゃんを縦抱っこであやす
  2. 落ち着いたらそのまま布団に座る
  3. そのまま横になって赤ちゃんをお腹の上に乗せる。
  4. 眠ったら仰向けにしてベビーベッドに運ぶ

ただ、この方法はうつぶせなのでね。様子を見ながらしてあげてくださいね!

授乳クッションでゆらゆら

うちの甥っ子はこれでよく眠るのだそう。

流れとしては

  1. 抱っこして椅子に座る
  2. 膝の上に授乳クッションをのせる
  3. その上に赤ちゃんを乗せる
  4. ゆらゆらして眠ったら授乳クッションごとベビーベッドへ!
  5. 授乳クッションをそっと抜く

これでは、どうやって赤ちゃんを乗せるのかがわかりにくいですよね?

Cの字の形をしている真ん中の空間に赤ちゃんの体がすっぽりはまって、頭だけ授乳クッションに乗ってるような状態です。

だっこはオススメしたくないかも

だっこひもだとよく寝てくれるというお話もよく聞きますし、ウチの子たちもそうでした。

ですが、寝かしつけが抱っこって体力的にキツくないですか?

体力のない私には無理でした。

なので、やっぱり私はできるだけ体に負担がかからない方法を探してみることをオススメしたいです!

夜通し寝るまでは気長に待とう!

とはいえ、0歳はまだ生活リズムが定まらない時期なので、寝ないときはいつまでも寝ませんよね?

昼夜の区別がつなかいんだからそんなもんです。なので、基本的には赤ちゃん眠たくなるのを気長に待ちつつ、と少しで寝そうなときの手助けとして試してみてくださいね!